ブログ

黒川温泉「お宿 のし湯」宿泊ブログ2018①

kurokawabanner

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。
前回のブログに引き続き、今日は熊本県の阿蘇地方の黒川温泉にある「お宿 のし湯」の宿泊記をお届けします。

昨年からいろいろな温泉宿やホテルに宿泊しましたが、今回泊まった「のし湯」はここ最近のベスト1かもしれません!
日常を忘れさせてくれる秘境っぽさやタイムスリップしたようなノスタルジーを感じさせてくれるロケーションでありながらも、洗練された料理を味わえる宿であり、さらに源泉かけ流し湯量いっぱいのパワーを感じられる温泉に入れるという三拍子そろった旅館です。

黒川温泉は今回で3回目。2011年のお正月以来なので、7年ぶりです。
前回は大雪でたどり着くまでも大変でしたから、今回は快晴で暖かくて最高の旅行日和となりラッキーです。

「お宿 のし湯」の宿泊記、どうぞお楽しみください!


黒川温泉「お宿 のし湯」に到着
5E2E4B49-1CB8-4444-A07D-36AD85C46CC6

熊本市内の実家から車で約2時間くらいでしょうか。

途中、阿蘇神社に寄ったり、ランチをしたり・・・。
阿蘇の雄大な景色を眺めながらの阿蘇~黒川温泉のドライブは、あっという間の楽しい道のりです。

黒川温泉へは、福岡空港と熊本市内からは本数はさほど多くはないですが、バスでも行けます。(どちらからも約2時間半くらい)
熊本空港からはレンタカーが便利です。

いよいよお宿に到着です。
見てください!この立派な門松と門構え、そしてこの完璧な古民家風の雰囲気。期待が膨らみます!
38B04E51-852E-466C-BBFB-F97AD1776812

お正月のお飾りもご立派です。
私がこちららの宿を予約したのは、昨年10月頃に実家の母にお正月に帰省することを電話で話していたときに、「黒川温泉に行くなら早く予約を入れないと空いてないよ!」と言われて、電話をしながら、偶然こちらの宿の「残り1室!」というのを見つけて予約をすることができました。

いつもだったらトリップアドバイザーやブログなどで多少リサーチしてから予約をするのですが、今回はお正月ということもあり急いで予約をしたので、「どんなところなんだろう?」という感じでしたが、どうやら「当たり」でした(笑)
黒川温泉は有名な温泉地ですが、町はとても小さくひっそりとしていて、大規模な宿泊施設はほとんどないので、なるべく早めに予約を入れた方がいいと思います。

チェックインは3時です。私たちは2時頃には到着していたので、車だけ先に置かせていただき、町の中をぶらぶらと散策してから3時にチェックインしました。
入口のところで、宿のスタッフの方々が笑顔で出迎えてくださり、建物の中へと案内していただきました。

A594CEDF-003E-405F-A15B-17B30EB15CE4

途中、↑のような、囲炉裏のような休憩スポットがあったり・・・。

474DDBC6-BF7A-4EBB-8083-3F9D36DA558F

母屋までのアプローチは、きれいな苔の庭です。庭のお手入れも隅々まで行き届いています。
のし湯は黒川温泉で有名な「ふじ屋」の姉妹館で、平成5年にゲートボール場が3面あった場所に露天風呂を造ったところから始まったそうで、黒川の中では比較的新しいお宿だそうですが、見事に古めかしい雰囲気が作り出されています。
敷地は1200坪もあるそうですが、総部屋数はたったの11部屋!
母屋と離れに分かれています。

宿泊は普段は1泊20,000円前後~のようですが、お正月は25,000~30,000円前後だったと思います。もちろん、プランや部屋によって異なります。
宿泊しなくても、日帰り温泉も楽しめるようです。

8680A58F-B32B-4D59-9216-5F5EA9336520

母屋の入口です。薪や干したとうもろこしが農家の古民家っぽくて、良い雰囲気です!

B008F213-E825-4B80-98FE-A9E3FB073343


「のし湯」館内を散策

449415AD-D26B-4D8F-8664-7385249A567C

母屋の玄関です。入ってすぐ右側に小さなフロントがありますが、チェックインは、別の部屋へ案内されました。

68826260-A07D-43DF-98DC-88EE95EF2A0D

チェックインはこちらのお部屋で。
nosiyu2温かいお茶ときなこ餅のサービス。きなこ餅の柔らかさに感動!
今まで餅がさほど好きでなかった私もびっくりの美味しさでした。

3AD38BAB-0911-47A0-8399-0D84F91F11C0

チェックインの後は、離れのお部屋へと案内していただきました。
その後、また母屋に戻り、館内をしばし散策・・・。

75E33D97-35A0-4D31-B144-B22665217FCB

751AC08A-12C2-4117-B616-72929C3B802C母屋のお部屋は中庭を囲むようにあり、いろいろなタイプのお部屋があるようです。
源泉かけ流しの温泉付きのお部屋や、茶室や中庭付き、囲炉裏のあるお部屋などなど、バラエティに富んでいるので何度泊まっても楽しめそうです。

0AD53872-E3B2-4DC3-A5AF-30E0DD0B8A91

CD91B792-FEF5-4CBB-925D-E5AC0C0D2C8F館内の調度品や装飾品は、どれもこだわりを感じる素敵なものばかり。細かいところまで気配りが感じられます。

3418D266-58F6-4152-BA2D-DBC931104D11天気の良い温かい日は、ソファに座って中庭を眺めながらのんびりするのも良いですね。

99417266-B65E-47CB-87D5-0E8C8A0B0486

こちらは、Wi-Fiのつながる談話室。コーヒーもセルフサービスで、パソコンもフリーで使えます。
客室ではWi-Fiはありませんでしたが、こういうところに来ると不思議とネットへの興味が急に薄れるので、不便は感じませんでした。
※黒川温泉は、山奥ですが電波は良いです。

FEB36C24-A197-46C0-BA7B-6FD6190F9E2E

早くチェックインして、温泉入って、談話室でゆっくりするのもいいですね。

A16147E5-8065-4171-B78B-7A0B8FD83416

喫茶「わらべ」。露天風呂の近くにあり、日帰り温泉のついでに利用する人が多いようです。

nosiyu3

nosiyu4

ラウンジもセルフで利用できるそうです。(↑2枚の画像は、「お宿のし湯」HPより)
部屋でくつろぐのに満足してしまい、ラウンジへは行きませんでしたが、素敵な空間なので覗いてみればよかったです。

FBFBB04D-E683-4BC9-AF6F-DCD7E597314D

最後に、せっかくなので囲炉裏で手を温めながら、記念のワンショット!
館内を散策するだけでも、楽しい「お宿 のし湯」。
次回は、お部屋や温泉、御食事の様子をお伝えします。
お楽しみに♪

アンリュミエール 保戸塚 優美

ー黒川温泉旅行ブログー
黒川温泉「お宿 のし湯」宿泊ブログ2018①
黒川温泉「お宿 のし湯」宿泊ブログ2018②客室編
黒川温泉「お宿 のし湯」宿泊ブログ2018③温泉編
黒川温泉「お宿 のし湯」宿泊ブログ2018④夕食&朝食編

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280 (1)

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る