ブログ

アンリュミエールのインテリアはフランス・プロヴァンス風~ラウンジ編~

interior1

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。

先日お休みの日に、ふらりと自由が丘へ行ってきました。

自由が丘には、おしゃれなインテリアショップや雑貨屋さんがいっぱいで、

久々に私の中でインテリア熱が再燃してきました!

私は母の影響で幼い時からインテリア雑誌をよく読んでいて、インテリアや雑貨が大好きです♪

サロンのインテリアのテーマは、アンリュミエールのコンセプトでもある「南フランス・プロヴァンス地方のメゾン・ドット」。

「メゾン・ドット」とは、ホテルの気軽さと、田舎家のリラックスした居心地を同時に味わえるアットホームな宿のことです。

(シャンブル・ドットという言い方もあります。)

お客様に、南フランスのような非日常的な空間で、心身ともにリラックスしていただけるように・・・

という気持ちをこめてサロンのインテリアをつくっています。

今日はそんなアンリュミエールのフレンチ・プロヴァンスインテリアのこだわりをご紹介します!


1.白い石壁、床はテラコッタ風、天井は梁をイメージ

interior10

まず、アンリュミエールに入ってすぐに目に入ってくるのが、受付カウンター後ろの白い石の壁です。

こちらは、ひとつひとつ手作業で大きさを合わせながら積み上げて、貼り付けてあります。

確かイタリア産の石だったと思います。残念ながらフランス産ではありませんが。

原宿にあるアドヴァンという建材会社のショールームに施工会社の方に連れて行っていただき選びました。

本物に見せかけた石やタイルのパネルもあり、そちらの方が施工も簡単だと言われましたが、ここだけは天然の石にこだわりました!

床は偽物(笑)、テラコッタ風。ビニール素材でできています。

壁は、薄いクリーム系オレンジ色の土壁風?ペンキ屋の職人さんが、フレンチカントリー調の模様をつけてくれています。

受付カウンターは、イメージに合うものを探すのが大変で、ネットで見つけて購入しました。

実物を見れなかったので心配でしたが、イメージ通りでよかったです。

ソファとテーブルはなるべく丸みがあるものの方が、柔らかいイメージでリラックスできるかなと思い選びました。

丸いデザインのインテリアは、風水的にも◎です。

ファブリックは清潔感のある白で。

yoru5

天井は、梁のように木を取り付けて、よりプロヴァンスっぽく仕上っています。

シャンデリアは田舎っぽさをだすために、あえて華美でないものをチョイス(笑)

パリのブティックにあるようなキラキラしたものも憧れますが、何よりも全体のコンセプトやイメージを優先しています。

interior6

ソファの上に、白いキルトのカバーを敷いています。クッションは、現在はZARA HOMEのもの。時々、変わります。


2.オーガニック&自然派コスメもゆっくり選べます★

interior7

ニュージーランド生まれのオーガニックコスメ「キャロルプリースト」と、フランス生まれの自然派化粧品「YON-KA」を取り扱っています。

化粧品のご購入のみもOKです。ぜひご利用ください♪

interior8

世界最高級のダマスクローズを配合したローズアイテムをピックアップしています。

ディスプレイもローズをモチーフに。フレンチシックのインテリアで定番のレースも敷いて女子力一気にアップ!!

ローズの女性ホルモン分泌効果も一気に高まる仕掛けです(笑)

rosetonner2

ローズのトナーの後ろにあるイラストは、義理の父が描いてくれたものです。

選んでくれた額も偶然フレンチアンティーク風でイメージにぴったり!


3.自然光が気持ちよく注ぐ店内

interior2

アンリュミエールというサロン名には、「きらめく光と輝きに満ちた」という意味があって、

この自然光が入るイメージはとても大切にしたいと思っています。

interior9

窓際のディスプレイは、フランスの森をイメージ!?ウサギが木の切り株に座っていますよ♪

↑の左後ろのオブジェは、実はクリスマスシーズンにつくったもの。

以前からあったアンティーク調のフラワーベースに、白い枝を差して、松ぼっくりを飾ったものです。

クリスマスシーズンが終わった今でも、白い枝の収納場所に困って、枝に飾っていたオーナメントを外した状態でディスプレイ継続中です。

interior4

こちらは先日、自由が丘のフラワー&ガーデニングショップで買った苗をさっそく鉢に植え替えました。

ユーカリとエレモフィラ・ニベアという植物です。

長持ちするといいのですが…。ちなみに、外に置いている大きなトネリコと、入口の観葉植物はレンタルです。

大きな植物は、車がないと運ぶのも大変ですし、枯れたときの処理にも困るので、レンタルが便利ですね。

枯れた時や、シーズン毎に変えたいときには、新しいものにすぐ交換してくれます。

interior5

外のウインドーから。1階の路面店なので、近くを通りかかった方はぜひのぞいてくださいね。


4.夜のアンリュミエール

yoru1

エントランスはちょっと奥まっていますが、お気軽にお入りください♪

入口左側のウェルカムボード風の看板は、フレンチアンティーク調のアイアン製イーゼルに、ゴールドフレームの手作り看板です。

季節によって、ウィンドーにステッカーを貼っています。

今は春仕様で、蝶や鳥が飛んでいますよ!

yoru2

夜の方が、外から店内のディスプレイがきれいに見えます。

yoru3

フレンチインテリアの必須アイテムと言えば、アンティーク風キャンドルスタンド。

YON-KAのコスメをディスプレイしています。

色と素材の似た2つのキャンドルスタンドを並べることで、統一感がでます。

yoru4

以上、今日はラウンジ編をお届けしました。

これからも、居心地の良いリラックス空間を目指して、サロンのインテリアをつくっていきたいと思います。

まだアンリュミエールに来たことがない方も、南フランスの空気を感じにぜひいらしてくださいね♪

アンリュミエール 保戸塚 優美

iinegazou

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る