ブログ

セブ島旅行記2017①最悪の年越し(笑)

cebu2

こんにちは!千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。

2017年、初めてのブログです。
気が付いたら、1月ももう後半・・・今年は初っ端からいろいろとトラブルに見舞われまして、みなさまへの新年のご挨拶をする機会を逃してしまいました!
本当にすいません。
遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


セブ島旅行記① 数々のトラブルに見舞われ、最悪なお正月(笑)

さて、今日から数回に分けて年末年始に行ったセブ島(フィリピン)の旅行記を書きたいと思います。

今回の旅は、年末年始で混み合っていたこともあり、1つのホテルで連泊して取れなかったので、2つに分けて宿泊したのですが、タイトルからも分かるように、最初(12月31日)に泊まったホテルが最悪で・・・。

名前はあえて出しませんが、5つ星ホテルです。

 

到着した日が12月31日の夜で、小さな島にあるホテル内の広場でカウントダウンイベントが行われていました。
それはダンスパフォーマンスや花火などもあって楽しかったですが、イベントが終わって午前1時ごろに少し離れたコテージの部屋に戻ったところ、同じ島の隣の敷地で、野外フェスのような爆音のダンスイベントが行われていました。

どれくらい爆音かというと、コテージが重点音のドンドンという音で、揺れ動いてしまうのではないかと思うほどの音です。
PPAPが流れていたので、「ピコ太郎もすごいなぁ!」なんて言いながら、最初の1時間ほどは我慢していたのですが、その後も終わる気配もなく、当然眠ることもできません。

そこで、ホテルのスタッフにいつまでこの音が続くのか聞いたところ、毎年のイベントでだいたい朝の3時か4時までは続き、ホテル外なのでコントロールできないとのことでした。
そして、部屋も満室で変われないとのこと。

ようやく爆音が鳴りやんだのは、早朝4時。

これでやっと寝れる!!

と思ったのも束の間・・・
次は、爆音でかき消されていた、隣の敷地で飼っているニワトリたちが、「コケコッコー」と次々と鳴きだしました。

結局、私が眠りにつけたのは、明るくなり始めた朝5時頃でした。

 

しかし、平穏な眠りのときはそう長くは続きませんでした。
朝7時過ぎには、またビーチで音楽が鳴り響き、すぐに起こされてしまうというさらなる悲劇に見舞われ、
睡眠時間わずか2時間・・・。

また眠ろうにも、寝つけません。
仕方ないので、とりあえず朝食を食べに行くことにしました。

 

このホテルでのトラブルはこれだけで終わらず・・・

〇バスタブはあるが、十分なお湯をはれるほどお湯が出ず、途中で水になる。
→海外ではタンクに貯めたお湯がなくなったら、終わりというのはよくあることなので、これくらいは仕方ないですかねー。おふろに入ることをあきらめました。

〇部屋の水道がとまって、水が全く使えなくなりました。トイレも流せません。
→復旧まで半日くらいかかりました(涙)

〇水道の件と、部屋をチェンジする件で、何度も部屋に電話がかかってきて、その都度起こされました。
→結局、部屋を変えてもらえたのは、2日目の夜中12時ごろで、翌朝にはチェックアウトしました。

〇部屋のセキュリティーボックスが壊れていて、貴重品を入れられませんでした。
→ホテルのフロントで預かりますと言われたが、スーツケースに鍵をかけて置いて保管しました。

 

数々のトラブルと寝不足のせいで2日目は海にも行けず、夕方まで寝たり起きたりの1日でした。

「一体私たちは、何をしにこんな遠くの島までやってきたのだろう・・・」と残念に思う気持ちと、疲れや寝不足も相まって怒りもこみ上げてきたりで、最低な1日となってしまいました。

一方で、夫は私の機嫌が悪いのを恐れてか、
「まぁまぁ、そんなこと言わずに・・・部屋でゆっくりできたんだし。ゆっくりするために来たんだし・・・。」となだめながら、ホテルとの電話対応に追われて寝たり、起きたり・・・。

このホテルには2泊3日の滞在でしたが、結局、海にも行かず、ジンベイザメウォッチングや近くの有名な観光スポットにも行けず、翌日には車で4時間かけて次のホテルへと移動しました。

(次回へと続く)

cebu1

↑変えてもらった後の部屋にはハンモックがあった!!

アンリュミエール 保戸塚 優美


★セブ島旅行記シリーズのリンク★

セブ島旅行記2017①最悪の年越し(笑)

セブ島旅行記2017②「クリムゾンリゾート」へ移動

セブ島旅行記2017③「クリムゾンリゾート」客室編

セブ島旅行記2017④クリムゾンリゾート&スパ ~レストラン編その1~

セブ島旅行記2017⑤クリムゾリゾート&スパ ~レストラン編その2~

セブ島旅行記2017⑥ スノーケリング&スパへ


 

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る