ブログ

ジャンクフードが無性に食べたい・・・

 

こんにちは!今回はジャンクフードについてです(´_ゝ`)

普段は全く食べようとは思わないのに、無性にジャンクフードが食べたい!と思ったことはありませんか?

 

ジャンクフードとは、どういった食べ物のことをいうのか?

食物繊維、ビタミンやミネラルを多く入っているものが使われていないデンプンや砂糖などの糖質であったり、脂質が大半を占めているもの。

(ビタミンやミネラルが含むもの、、、野菜や果物や海藻など)

ポテトチップスなどのスナック菓子、ハンバーガーやフライドポテトやカップラーメン、炭酸飲料など、、、

簡単に言いますと、栄養のバランスが極端に偏っていてカロリーが高い体に良くない食べ物です((+_+))

 

体からのSOSのサインかもしれません(;゚Д゚)!!!

 


 

食べたくなるジャンクフードでその原因が分かる?

 

●脂っこい食べ物

ハンバーガーやフライドポテトのような高カロリーのジャンクフードやポテトチップスなどが食べたいときは、カリウム不足

油っぽいものは塩分もとても多いので、体がむくみやすくなり、体内の塩分を排出するカリウムが必要となります。

カリウムを多く含む食材は、ブロッコリー、パセリ、アボカド、納豆などが挙げられます。

 

●チョコレート

チョコレートが無性に食べたいときは、マグネシウム不足かもしれません。

月経前や月経中に食べたくなる女性に多いのも特徴的です。

疲れがたまっている時や、不安な時、イライラしている時にも食べたくなる方も多いかと、、、。

少し食べるくらいなら問題ありませんが、糖分が多いので食べ過ぎには注意してください。

マグネシウムのサプリメントで補給するか、昆布やアーモンドなどのナッツ類、胡麻、豆(納豆も含む)、全粒小麦などを積極的に食事に加えてあげましょう。

 

●炭酸飲料

炭酸飲料を飲みたくなったときは、意外にもカルシウム不足からきている可能性が。

炭酸飲料の飲みすぎは、骨からカルシウムを濾し取り、カルシウムを吸収することで、さらにカルシウム不足となり、もっと炭酸飲料が飲みたくなるという悪循環に陥ります。

飲み過ぎは要注意。サプリメントで補給してあげたり、ブロッコリー、チーズ、ごま、ししゃもや煮干しなどを食事に加えてあげましょう。

 

●コーヒー

ミルク入りではないコーヒーを飲みたくなる人は、鉄分不足かもしれません。4割の女性は鉄分不足と言われ、特に生理中は不足しがちに。

鉄分不足になると、疲れやすい身体になり、コーヒーを欲してしまうそうです。

コーヒーは、鉄分の吸収を阻害してしまうので、貧血の方にはお勧めできません。

食事中や直前、直後のコーヒーも同じように鉄分の吸収を阻害してしまいますので、気を付けて下さい。

代わりに鉄分が多く含まれている、ほうじ茶や玄米茶をお勧めします。

 

●氷

「無性に氷が食べたい」という人は、氷食症かもしれません。氷食症の原因は、こちらもコーヒーと同様に体内の鉄分不足です。

赤血球が不足することで脳に十分な酸素が行き届かず、自律神経に狂いが生じて、体温調節がうまくできなくなることが氷が食べたくなる理由と考えられています。

レバーなどを食事に加えてあげましょう。サプリメントで補給してあげるのもお勧めです。

 

●何でもいいから甘いものが食べたい

甘いものをとにかく欲しているときは、糖分が不足していると思ってしまっている方が多いかと思いますが、

実は糖分が不足しているのではなく、タンパク質が不足している可能性が!

 

タンパク質不足になると、セロトニンという脳内物質も不足してしまい、身体が糖度の高いものを欲してしまうのです。

こういった時には、糖分ではなくタンパク質をとることが必要です

豆腐や豆乳、納豆といった大豆製品や赤みのお肉やささみを食べることをお勧めいたします。

 

他にも

パンや麺類などの炭水化物はタンパク質(窒素)不足

酸っぱいものはマグネシウム不足

 

と、いうように身体からのサインは足りない栄養素を直接欲するより、

もっと足りない悪循環にして脳に気付かせる意外なものなのです。

身体からのSOSサインを見逃さないように気をつけてくださいね!!!

 

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る