ブログ

【春のスキンケア大作戦】じつは春って、かなりお肌に過酷な季節です…。

IMG_5118

皆さんこんにちは!千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの黒木です^^

TOP画像は、春の山菜「ふきのとう」。
先週、鍋割山(なべわりやま)に登った時に撮った写真です。
ふきのとう、皆さんはお好きですか?
私は天ぷらにして食べるのが大好きです(#^^#)! あの苦みがたまりません。

春の山菜は、冬の間に溜まった体の中の毒素を排出する効果があり、さらには、春先から急激に強くなる紫外線にも負けないお肌を作ってくれる栄養素が満点なんだとか!
やはり旬のものは積極的に取り入れて、美容と健康に生かしていきたいですね。


♣春のスキンケアで気をつけたいこと♣

さて…春と言えば、桜、山菜などももちろん思い浮かびますが、やはり一番は

花粉

そう、鼻水や目のかゆみなどを引き起こす花粉の存在を忘れることは、悲しいかな…なかなか難しいですよね。
春のスキンケアは、この「花粉」対策をしっかりとすることがまず最初のキーポイントとなってきます。

鼻水や目のかゆみなどの症状が出ない方でも、実は花粉って肌荒れの原因になることはご存知ですか?
春は寒暖の差も激しい上、湿度も低く、風も強い…。さらには冬場よりも紫外線が強くなっており、お肌の潤いが奪われやすく、バリア機能もかなり弱まっています。
そんな状態で花粉などが肌表面に付着すると、アレルギー反応が起こり赤みやかゆみ、かさつき、ごわつき…などといった肌トラブルが引き起こされるんです。

実は私も、先日の3連休はポカポカ陽気で嬉しかったのですが、少し肌がヒリヒリしていました。
特に連休中風も強かったので余計に花粉が飛んで、乾燥もしやすかったのかもしれません。
これはマズイ…!!と思い、スキンケアを改めて見直してみました。


「取り去るケア」「守るケア」

改めたポイントはこの2つです。
アンリュミエール春の「Beauty News」をご覧になった方は、少し内容が重複してしまいますが、今回はさらに詳しく、この「取り去るケア」と「守るケア」を掘り下げていきたいと思います!

♣取り去るケア♣

前述したように、春はとにかく強い風と共に空気中に色んなものが舞っています。
その代表格は「花粉」ですが、ほかにもホコリ、黄砂など…
それが日中お肌の上にどんどん付着していきます。

毛穴の汚れや詰まりは、一般的に夏の皮脂が多い時期に悪化しやすいように思えますが、実は春も、夏に負けず劣らず汚れやすいんです。
ということは、春はお肌の汚れをしっかりと落とす「取り去るケア」が大切となってきます。

でもただ取り去ればいいというわけではありません。
お肌が敏感になりやすい春先だからこそ、優しくケアできるアイテムを選びたいところ。

クレンジングはオイルやジェルなどの刺激の強いものは避けて、優しいミルクやクリームタイプを。
冬の間は、毛穴汚れなどのお悩みがない方であればクレンジングの洗浄だけでもいいですが、お肌が特に汚れやすい春にはスペシャルケアとして
週1~2回、クレイマスクなど、毛穴汚れを吸着してくれるアイテムを投入するのもオススメです!^^

 ♣守るケア♣

さて、「取り去るケア」でお肌を優しく綺麗にしたら
今使っているスキンケアの浸透もアップして、これでOK!と言いたいところですが…
まだこれだけだと、春を乗り切るお肌としては少し頼りないというのが本当のところ…。
春の強い風による乾燥や花粉による肌荒れ、日に日に高まる紫外線に負けないお肌になるための「守るケア」が必要です!

お化粧水や美容液など、この時期はまだまだ高保湿アイテムで、加えて美白効果などもあるものだとなお良いです。
そして保湿クリームは、やはり高保湿で、欲をいうなら春の外的刺激(花粉、ほこりなど…)から守ってくれる効能があるものだとバッチリです!🌟
保湿クリームを塗った後は、冬場よりもSPF値の少し高いものに切り替えても良いと思います。(例えば冬にSPF15であればSPF30に切り替えるなど)

さてここで、紫外線について少し興味深いデータをご紹介します。

29afed4a5bdb4d9ab81cdf6389015d211
(画像参照元:MAG2NEWS

こちら、2014年の気象庁が発表した日最大UVインデックス(推定値)の年間推移グラフです。
4月の紫外線量、実は残暑厳しい9月とほぼ同レベルということにお気づきでしょうか?
9月は日傘を街中でさしている人も多く見かけますが、その9月と同レベルの紫外線量の4月は
まだ春だから…という気持ちで、日傘をさす人も少ないですよね。

でも実は残暑と同レベルの紫外線量。しかも湿度の高い9月と比べて、この時期は肌も乾燥している。
お肌は乾燥すると紫外線の影響をより強く受けやすくなります。
原因はいくつかありますが、一番大きいのはお肌の乾燥によって肌表面に作られる皮脂膜が作られず無防備になることや
角質層が乾燥して細胞の間に隙間ができることで、紫外線を肌内部に通しやすい状態になってしまうからと言われています。

はぁ…何だかずっと読んでいると憂鬱になりますよね。私も自分で書いてて憂鬱になりました…。^^;
でも大丈夫です!
いくらお肌にとってヘビーな環境の春であっても、上でご紹介した「取り去るケア」と「守るケア」を徹底すれば
トラブルを防ぎ、過酷な環境でもへこたれないお肌の土台作りができますよ^^!

お花見や、ポカポカ陽気の中でのお出かけなど、春は華やかで楽しい季節🌸
お肌の状態もしっかりと整えていきたいですね♪
(…というわけで、私も改めてスキンケアを春バージョンに変更しました!!)


ご参考までに、最後にアンリュミエールお勧めの春のスキンケアアイテムを3つご紹介いたします☆

♦取り去るケア♦

00000191

ピュリファイング ハーバルマスク(CAROL PRIEST) 50g ¥5,616(税込)

春の強い風は、花粉やホコリを多く含みお肌に汚れがたまりがち。
通常のクレンジングでは落としきれない汚れをクレイが優しく取り除き透明感のあるお肌へ導きます。

♦守るケア①♦

フィトディフェンス

フィト ディフェンス (YON-KA)50ml ¥7,992(税込)
外的刺激によるお肌のかゆみ、乾燥が気になる方に。植物の有効成分が強力なシールドとなり敏感なお肌を保護します。

♦守るケア②♦

タルゴ日焼け止め

AGソレア クリーム (THALGO)50ml ¥5,940(税込)
紫外線(UVA&UVB)からお肌を保護しエイジングケアも同時に叶う日焼け止めです。お化粧下地としてもお使い頂けます。


以上、春のスキンケアについてのご紹介でした😊
そういえば昨日東京で、全国で最もはやく桜の開花宣言がありましたね!
3連休暖かかったので早めの開花にも納得です。
気象庁の予想では、今年は長く桜を楽しめそうなんだとか(#^^#)
毎年桜の名所に出かけ、友人たちと花見酒をすることが楽しみの一つとなっているのですが
今年はどこでお花見をしようか…と今からそわそわしております。
お勧めの花見ポイントがあったらぜひ教えてください♪

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る