ブログ

伊豆今井浜東急ホテル~客室&温泉編~|伊豆旅行記②

IMG_8061

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。
しばらく時間が経ってしまいましたが、今日は前回の伊豆旅行の続きをお送りします!
前回のブログをまだご覧になっていない方は、伊豆旅行記①河津桜を見に伊豆へをご覧ください。


今年2度目の伊豆東急今井浜ホテル

1月末に友人たちと宿泊した伊豆東急今井浜ホテルに、今回もう一度宿泊することに…。
特別豪華なホテルというわけでもなく、何かがすごい!っていう訳でもないのですが、海に面しているせいか居心地の良さが抜群で、不思議と心とからだが癒される場所です。
1回目に一緒に行った私の友人たちも既にリピーターだったのですが、今月末にさらに連泊で行くそうです。

「どうしてこんなにリピートしたくなるんだろう??」というところがサロンの経営者としては気になるところです。
施設の充実度などのハード面、サービスなどのソフト面、その他、ロケーションやアクセスの良さと、価格とのバランスでしょうか??

私の個人的なお気に入りポイントは、気負わずホッとできる場所であり、適度な距離感のあるサービス、そして料理がおいしくて、アクセスが良いという点だと思います。
それと、ホテルスタッフの抜群の安定感!安心して泊まれるというのが何より大事です。(年末年始のセブ島のホテルではいろいろと痛い目にあったので…。)

そういえば、金沢で泊まった東急ホテルのスタッフの方々もフレンドリーだけど、スマートな感じの接客で良かったです。やはり、大手ホテルチェーンならではの教育システムみたいなものがあるのでしょうか?気になります。
それでは、伊豆今井浜東急ホテルの滞在記をお届けします!

IMG_7984

正午に河津駅に到着してから、河津桜の鑑賞&ランチをして、14:00過ぎにチェックイン。
今回の旅の一番の目的は河津桜ですが、ホテルでゴロゴロ昼寝をしたり、温泉にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すのも同じくらい大事です。
なので、ホテルにはできるだけ早めにチェックインします。

部屋はいたってシンプルなツインですが、予約した部屋よりも良い部屋にアップグレードしてくれたそうで、ラッキーでした。
部屋に案内してくださったスタッフの方によると、前回泊まったフロアよりもさらに良い部屋だそうですが、正直違いがあまり分かりませんでした(笑)

ホームページの説明によると、
『上層階7階、最上階8階は自然回帰をコンセプトとした特別フロア「ナチュラルリカレンスフロア」。ハイフロアならではの雄大な眺望、大自然との一体感を感じさせる内装、フロア専用のナイトウェア。すべてはゆったり、ナチュラルにお過ごしいただくために。』
とあります。確かに景色は前よりも良かったです。

浴室には、当店でも取り扱っている「THALGO(タルゴ)」の日本限定のシャンプーやコンディショナーが、それぞれわりと大きなチューブ入りで4本ずつ置いてありましたが、部屋のお風呂には入らなかったので使いませんでした。アメニティも、もしかしたら違っていたのかもしれませんが、自分で持っていったものを使ったので分からず…、ナイトウェアは…記憶にありません(残念!)。

せっかくアップグレードしていただいたのに、その価値を実感できず、もったいなかったです(笑)

kawazu14

オーシャンビューの部屋の窓から見える景色は最高です。
窓を開けると、波の音が心地よく聞こえてきます。
夏は海水浴客でもっとにぎやかなのでしょう。プールもあるので、小さなお子さんがいるファミリーにもいいですね。

IMG_7988

1回目の宿泊時に日の出を拝もうと早起きしたのですが、あいにく曇りで見えず、2回目は朝起きることができませんでした。美しい日の出を拝むには運と気合いの両方が必要ですね。
朝からサーフィンをしている人もいました。ビーチを独り占めできるなんて、東京や神奈川近郊ではなかなかないので、サーフィン好きにも最高のホテルだと思います。

IMG_8071

ここからは、共用施設です。
1階~2階にかけて吹き抜けになっているところにあるラウンジスペースです。天気の良い日は屋外のテラスも利用できます。
ゆったりとしたソファとハワイアンキルトのクッションが気持ち良さそうでした。

IMG_8034

吹き抜けの階段を上がったところにあるのは、オープンしたばかりのブックカフェ。以前来たときに工事中で、どんな場所になるのか気になっていたので、今回完成形を見れて良かったです。「水平線を臨むデッキ」がコンセプトだそうで、洋書を中心にお洒落な本が並んでいて、素敵な空間でした。

IMG_8036

ブックカフェには、ドリンクのメニュー表とその近くに内線の電話があり、電話でオーダーすると持ってきてくれるようです。もう1泊できれば、こういうところでおしゃれな本を読みながら、のんびりするのもいいですね。

IMG_8043

こちらも新しくできたキッズスペース。広々とした空間に、テントや知育玩具、そして絵本などがあります。ここに子供を連れて来るだけで頭の良い、そして心優しい子が育ちそうな気がします(笑)
床はクッション素材でできていて、家具も固定されているそうなので、小さなお子さんも安心して遊べますね。
ここのホテルはキッズスペース以外にも、プールもあるしベビー用品の貸し出しも充実しているので、ファミリー層にいいですね。
前回一緒に泊まった赤ちゃんのいる友人も、子供がいても女子旅をスムーズかつ快適に過ごしていました。
かと言って、子供が多すぎて落ち着かないという雰囲気でもなく、年配のお客さんも多かったので、老若男女問わず楽しめるホテルだと思います。

tokyuizu

木製グランドピアノの前で記念撮影♪ 向かい側には結婚式ができるバンケットルームがあります。海辺のリゾートウエディングも素敵ですね☆


温泉も楽しめるリゾートホテル♪

onsen2

こちらはホテルですが温泉にも入れます。(温泉↑↓の画像はホテルの公式HPより)
平日の夕食時だったせいか、私以外には一人くらいしか入浴していた人はおらず、ほぼ貸し切り状態でした。内湯は広くて、シャワーブースもたくさんあります。

onsen1

露天風呂もあります。あまり外の景色は見えなくて解放感はありませんが、冬の熱い温泉は最高でした!
やっぱり日本の旅には温泉は欠かせませんね。日本人で良かった~と思う瞬間です。

さて、河津桜の季節はすっかり終わってしまいましたが、桜以外にも魅力たっぷりの伊豆です!
海、温泉、海の幸、山の幸…
次回は、伊豆今井浜東急ホテルのディナー編と、伊豆七滝という7つの滝が有名な観光スポットをご紹介します。
どうぞお楽しみに♪

アンリュミエール 保戸塚 優美


→続きのブログはこちらから

伊豆旅行記③伊豆今井浜東急ホテル~ディナー編~&河津七滝

 

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る