ブログ

伊豆今井浜東急ホテル~ディナー編~&河津七滝|伊豆旅行記③

IMG_8019

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。
東京の桜も今週がピークといったところでしょうか。一足早く桜が見たいと思い、伊豆の河津桜を見に行ってから早1か月…。
ブログのアップが遅くなってしまいましたが、伊豆旅行記も今回で最後になります。

前回までの記事↓をまだ読んでいない方はぜひ順番にご覧ください。

伊豆旅行記①河津桜を見に伊豆へ

伊豆旅行記②伊豆今井浜東急ホテル~客室&温泉編~


ディナーはステーキハウス「舞子浜」で鉄板焼きを堪能

河津桜を楽しみ、温泉にも入って、さて次はいよいよディナータイムです。
前回の女子旅ではフレンチのコースがついたプランでしたが、今回は少しグレードアップして鉄板焼きのプランを予約しました。
1泊2食付き(2人1部屋)で1人22,000~23,000円くらいだったと思います。(コンフォートメンバーなので、公式HP経由の予約で1,000円ほど割引がありました。)
前回の女子旅は3人1部屋で14,000~15,000円という破格のプランだったので、それに比べると少しお高くなりましたが、鉄板焼きが付くというだけで一気に贅沢感がアップするのでおすすめです!

IMG_8027

ディナーは5時半~か、8時~しか空いていないということだったので、8時にお願いしました。
ステーキハウス「舞子浜」はシャングリラというレストランの奥のちょっと分かりにくいところにありますが、とても広々としていて贅沢な雰囲気です。
一組の客に対して一人のシェフがついて料理してくれるという「おもてなし感」にも気分がぐっと上がります↑↑

今回は「Komachi(こまち)」というコース。

●アミューズ
●本日のオードブル
●サラダの盛り合わせ
●金目鯛のブイヤベース
●①黒毛和牛フィレステーキ(100g)  ②黒毛和牛ロースステーキ(120g) ③活あわびのステーキ ④活オマールエビの香草蒸し焼き 貝類と青海苔のソース(一尾)
(③④の場合は+2,000円)*和風ソース・ポン酢・わさび・3種の塩
●焼き野菜の取り合わせ
●ガーリックライス 又は わさび丼 又は 白飯
●お椀物・香の物
●本日のアイスクリーム 又は シャーベット
●コーヒー 又は 紅茶

kawazu11

コースの中からいくつかご紹介します。
こちらは、新鮮な地元の野菜を使ったサラダ。採れたてのフレッシュな野菜はやっぱり美味しいですね☆

kawazu13

前回のフレンチのコースでも食べた名物のブイヤベース。
今回は、目の前の鉄板で焼いた金目鯛をブイヤベースの中に入れていただきまました。

kawazu10

こちらは、「焼き野菜の取り合わせ」の新鮮な野菜。
こちらも地元の旬のもので、紅菜苔(こうさいたい)という紫の菜の花は、苦味もクセもなくて美味しかったです。

IMG_8017

メインは、黒毛和牛フィレステーキをチョイス。静岡牛という地元のブランド牛だそうです。一番おいしく食べられる焼き加減をリクエストしました!

IMG_8021

和風ソース、ポン酢、3種の塩、そして伊豆の名物のわさびをつけていただきました。やはり、一番印象に残ったのは、本わさびです。
静岡牛、とてもおいしかったです。銀座で食べた神戸牛に負けていません!

IMG_8016

今回の旅で夫婦ではまったのは、こちらの生わさびです。
鮫皮おろしを使って、円を描くようにわさびをすります。生のわさびは時間が経つと風味が失われるそうなので、食べる直前におろすのがベストだそうです。
チューブのわさびと違って、あまりツーンとしない優しい風味で、素材の味を引き立てます。

galic

〆はガーリックライス。おこげが最高です。
夫は、わさび丼をオーダー。白ご飯にかつお節がかかっている、いわゆる「猫まんま」に少量のわさびと醤油を少し垂らしていただきます。
画像がないのが残念ですが、これがくせになるほどおいしかったです!
そして鉄板焼きのシェフに、わさび農場が近くにある「河津七滝(かわづななだる)」の情報を聞き、翌日行ってみることにしました。
わさび丼、発祥の地だそうです。
旅行先での鉄板焼きは、シェフに地元のお話を聞けたりするので、楽しいですね。旅はやはり地元の人とのふれあいを大切にしたいなと思いました。

ice

最後のデザートとコーヒーは、ゆったりとしたソファ席へ移動していただきます。
ただ席を変わるというだけでも、特別感を感じますね。しかも広いレストランは私たちしか客がおらず、貸し切り状態です。
このアイスクリーム、ふわふわしていておいしかったです。生クリームがたっぷり入っているのかな…。

以上、ディナーのレポートでした。
前回のフレンチコースもとてもよかったのですが、やはり目の前で肉が焼いてもらえるという演出は、気分が上がりますね。
こちらの鉄板焼きプラン、記念日にはぜひおすすめです!


翌日は、河津七滝(かわづななだる)へ

翌日はビュッフェ形式の朝食を食べて、ホテルをチェックアウトをしてから、「河津七滝」へ。
河津といえば、「河津桜」以外に有名なのが、「河津七滝(かわづななだる)」という個性的な7つの滝を一度に楽しめる観光スポットです。
河津駅からはバスが出ているので、あらかじめ時間を調べて行くと便利です。河津駅→修善寺行きに乗り、25分の道のりです。

途中、「河津七滝」という停留所もありますが、それより先にある「水垂(みずだる)」で降りて、その近くに散策路の入口があるので、ここからスタートすると「下り」で散策できるのでラクです。バスのチケットの販売窓口の方に教えていただきました。また、往復チケットを購入すると割引があります。

河津七滝は、本当は7つの滝があるのですが…実際は6つしか見れません。7つ目の「大滝」という滝は、一般公開されていないそうで、天城荘という温泉宿に利用料を払わないと見られないそうです。
2017年の6月には一般公開を目指しているということですが…。
詳しくは、Wikiの「大滝の見学に関する問題」で。観光地ならではの問題もいろいろあるようですね。

kawazu22

さて、いよいよ滝の散策です。6つの滝の散策は大人の足で約1時間です。
↑は、最初に見た「釜滝(かまだる)」という玄武岩の上から流れ落ちる迫力満点の滝です。画像で見るよりも、実際はかなり大きくて(22m)、ゴーっという音と共に流れ落ちるので、臨場感がすごいです。

kawazu23

散策路はきれいに整備されていて、木の吊り橋もあり、歩きやすかったです。

ebi

こちらは「えび滝」という、滝の形が海老の尾に似ていることからこの名前がつけられているそうです。
先ほどの吊り橋から眺めることができます。

kawazu24

こちらは「蛇滝(へびだる)」という小さめの滝。へびのうろこのように見えるので、へび滝という名前だそうです。

kawazu25

こちらは、「初景滝(しょけいだる)」という滝で、近くに川端康成の「伊豆の踊子」をモチーフにしたブロンズ像↓があります。

IMG_8105

ブロンズ像は、自然と調和していてなかなか良かったです。「伊豆の踊子」も「雪国」も読んでみたものの、途中でギブアップ(笑)。川端先生と私は相性が悪いのか、私の読解力が未熟なのか、最後まで読めません…。

IMG_8124

こちらは「大岩成就」という何百年もの間、風雨に堪え、大水に押し流されることもなく、この地に留まっているという岩です。光の筋が差して、いかにもパワースポットという雰囲気です。
この岩に願い事を心で唱えながら3個の小石を投げて、1個でも岩の上にのせることができれば願い事が叶うと言われています。また、願い事が叶った時は必ずその年の内にこの岩に手を合わせに来るのが礼儀とされているそうです。
夫がチャレンジしましたが、残念ながらひとつものせることができませんでした・・・。
残念(ノД`)・゜・。

IMG_8135

河津七滝、いかがでしたか?水がとても澄んでいて、マイナスイオンがいっぱいでリフレッシュできる場所ですね。
滝の散策の後は、近くのわさび畑で収穫したばかりの生わさびと鮫皮のおろし器を買いました。
生わさびは、新聞紙に包んでビニール袋に入れておけば、冷蔵庫の野菜室で1か月は保存できるそうです。
おろしたての生わさびを今でも美味しくいただいています!


旅の〆は河津駅の近くで海鮮丼

旅の締めくくりは海鮮が食べたい!ということで、河津駅のすぐ近くにある「どんぶりや」という海鮮丼のお店へ。
桜まつり開催中ということもあり、3時近くに行ったのですが、結構混んでいました。
店員さんも余裕がない感じで、料理が出てくるのがとても遅く…。夫があら汁を食べ終わったころに、私の海鮮丼が出てくるという…。
う~ん、まぁ繁忙期だから仕方ないか。席も相席になる可能性が高いので、ゆっくり食事したい人やそれなりのサービスを求める人にはあまりおすすめしません。

izu6

海鮮丼(2,000円くらい?)です。わさびが生でなかったのは、ちょっと残念に思いましたが美味しかったです。
ランチにしては、強気の価格?というか、観光客向けのプライス?
どうかすると、千代田区の寿司屋のランチより高級です(笑)千代田区はオフィス街なので比較的ランチはお得です。

izu7

河津七滝でわさび丼を軽く食べていた夫は、あら汁のみ注文。
あら汁とはいえ、けっこうなボリュームです。あら汁にしては少々高く700円くらい?だしがしっかりと出ていて、身もしっかりと入っていておいしかったです。


3回にわたってお届けした伊豆の旅行記、いかがでしたか?
2ヶ月連続で2回も行ってしまいましたが、またぜひ行きたいと思います!
それでは、またの旅行記をお楽しみに☆(次は6月に伊勢神宮と名古屋あたりに行きます!)

アンリュミエール 保戸塚 優美

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る