ブログ

「風邪の効用」と近況などなど・・・☆

皆さんこんにちは!

ブログではすっかりご無沙汰しておりました黒木です☆

大寒波到来…ということで、かなり寒さが厳しいですが

体調など崩されていないでしょうか?

この冬は暖冬と言われていますが、年末年始にかけて風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどにかかる方が昨年よりも多いかな?…と、お客様や友人、家族などをみていて個人的に感じています。

寒さによって体も緊張しやすく、首肩コリや腰痛などをより感じやすくなる時期でもあるので

一日の終わりにはなるべくゆっくりと体を温めて、気持ちいいと感じる範囲で身体全体のストレッチをしたり

深い呼吸をして筋肉の緊張をゆるめると自律神経も整い、免疫力が高まって風邪などのウイルスにもうまく対応できる体になっていくと思います。

ちなみに私は、風邪をひくこと自体はあまり悪いこととは考えていなくて、むしろ体のバランスを整えるためには時に必要なこともあるのでは?と思うのですが

それでも、しょっちゅう風邪はひきたくないですよね…。

大事な仕事や予定がある時は特にそうだと思うのですが、そんな時も普段から体の状態をよりよい状態に整えていたら

風邪もズルズル長引くことなく、むしろ体の免疫反応を楽しめるかな?と個人的に思っています^^;

鼻水が出ている時は、「おぉ~!体の免疫がうまく働いて頑張ってる証拠だな」とニマニマしてしまう時も実はあります。。←ただの怪しい人ですね!笑

ちなみに、ご存知の方も多いと思うのですが、風邪と言えばこの本↓↓

風邪の効用

 

野口整体で有名な野口晴哉さんの本です^^

2003年に出版されてから、今でも多くの方に読み続けられている「風邪の効用」

おととしくらいの6月に、風邪ではないのですが初めて口唇ヘルペスにかかった時がありまして…その時にとても久しぶりに39度台の熱が何日も出続けて…

歯茎全体も唇も腫れて、お米でさえ噛むことができずに衰弱していたとき、「そういえば!」と思い出して読んでいたのがこの本でした。

ヘルペスでの高熱で風邪の本を読んでいるのもおかしな話ですが、その時にこの本の中で確か「39度台の熱が出ると、身体の中に潜んでいるガン細胞も死滅し、身体がより健康な状態に整えられる」というような内容が書かれていたんです。

それを読んでからというものの、39度台の熱がとてもありがたく感じられ、とにかく安静にしつつも、身体の免疫力を信じて過ごすと、だいぶ気持ちも楽になったのを思い出しました。

おかげさまでその後は、再度ヘルペスを発症することなく元気に過ごせています^^

風邪やインフルエンザが流行っている時期なので、もしもご興味のある方はぜひ一度読んでみてくださいませ♪

 

ただ、「風邪の効用」に限らずですが、健康法って世の中にものすごくたくさんあふれているので、絶対にコレが良い!!というのは正直いいづらい所があります。

私に合うものが合わない体質の方もいると思いますし、何が自分の体に合うかは、皆さんご自身の体で試してみるしかないと思います><;

今日はあくまでも一例として、おもしろい本をご紹介させていただきました♪


さて、もう2月ですが、皆さんは初詣には行かれましたか?

私は毎年、大学時代のアルバイト仲間(ルネサンスというスポーツクラブで働いていました☆)とどこかしらお参りに行っているのですが

ここ数年はずっと早稲田にある「穴八幡宮」に行っています。

穴八幡宮

年齢もバラバラなアルバイト先の仲間たちとの交流が長く続いているのも不思議なご縁で、感謝いっぱいです(*^^*)

穴八幡宮でお参りの後は大塚駅まで移動して、なぜか卓球をしてきたのですが

運動神経がよすぎて(え?)なかなかラリーが続かず、悲惨な結果に落ち着きました…。(笑)

卓球、たまにやると面白いですよね!

11月に下呂温泉に行った時も旅館で卓球をして遊んだのですが、たまにやる程度だと一向に上達しませんね。。

ではでは、またブログやインスタもちょこちょこあげていきたいと思うので、どうぞよろしくお願いします♪(#^^#)

皆さん、寒さ対策万全にお過ごしくださいませ☆

 

アンリュミエール 黒木 恵美

インスタ

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る