ブログ

「男体山登山」奥日光の聖なる山★六合目~頂上編★

男体山

皆さんこんにちは!

千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの黒木です^^

 

前回に引き続き、奥日光にある「男体山」のお話です!

今日はいよいよ、六合目から頂上までをご紹介しますね。

IMG_5771 (3)

いきなり武骨な六合目の登場です。(笑)

こちらを見て頂いても分かる通り、この辺りからどんどん、岩場感(ガレ場)が強くなります。

ガレ場がずっと続くと、最初の急勾配なんて甘かったな・・・と思い知ります。

IMG_5599 (2)

「最初の急勾配なんて甘かったな」パート①

IMG_5727

パート②

滑りやすい岩や、不安定な岩もあるので、転んでケガをしないように細心の注意を払います。

滑り止めつきの軍手などもあった方が安心です😖

IMG_5719

途中、岩に腰かけて小休憩。

何度見ても、中禅寺湖とその周りの山々のスケールに圧倒されます。

IMG_5772 (3)

七合目以降も、相変わらずガレ場は続きます。

噂には聞いていたけれど、まさかこれほどガレ場が続くとは・・・

時折足を滑らせ、転びそうになったことが何度もありました。

でもそこは何とか体のバランスを整えて、セーフ・・・(冷や汗)

IMG_5723 (2)

急勾配の中、軽快な足取りで下山してくる人と何度か遭遇。

このガレ場を軽快に下れるだなんて・・・なんだか山伏を彷彿とさせます。

IMG_5773 (3)

ようやく八合目。

八合目からは若干整備された(土嚢がしきつめられている)斜面を登っていきます。

ガレ場もキツかったですが、八合目から九合目のこの何気ない道が一番キツく感じました。

その証拠に、手元に写真が残っていません💦

ガレ場は足だけでなく、腕も使いながら登っていき、体への負担が分散されてましたが

八合目からは足だけで急勾配を上がっていったのが、疲れた体に余計にこたえたのかもしれません。

IMG_5774 (3)

そんなわけでご紹介する写真もないまま九合目に到着。

この辺りから森林限界が近づいており、木々がどんどん少なくなっていきます。

IMG_5713

約7000年前に噴火したと言われている男体山。

(余談ですが、私が登った10日後くらいに男体山は活火山認定されました)

この辺りから徐々に火山地質が目立ってきたような・・・?

IMG_5614

そして振り返れば、やはり絶景!!

でもまだまだ! 森林限界に到達したらもっと見晴らしがよくなります。

IMG_5623

赤砂と溶岩石がゴロゴロ・・・

このエリア、足場がとても不安定で滑りやすいので注意です。

私は何度も転びかけました😱

IMG_5712

中禅寺湖全体、そして日光の山々を見渡せる絶景に、八合目で折れかけていた心がムクムク回復します🌟

IMG_5661

足取り軽く、でも時々ずずっと滑りながら(笑)山頂を目指します♪

IMG_5714

左に見えるのは白根山。

実は、今回もしも雨が降っていたらこちらに登る予定でした。

白根山はまた今度☺

IMG_5624

頂上の端にただずんでいる人を発見!

あぁ…私も早くあの場所に到着したいです・・・!!🏃‍🏃‍

IMG_5626

そしてようやく山頂に到着。

無事に着いて良かった・・・

というより途中でリタイアすることなく、無事に登れて本当に良かった・・・。

IMG_5625

山頂に祀られている、二荒山神社奥宮で登拝のご報告とお礼のご挨拶。

IMG_5631

二荒山大神の像です。

勇ましくて、男らしい風貌の神様ですね。

IMG_5627

そしてこちら・・・!!

男体山といえば・・・というくらい有名な大きな大きな

 

この剣、遡ること1877年、今から約140年ほど前に茨城県に住む誰かが奉納したと言われていますが

実は本当のところはハッキリと分かっていません。

奉納された目的も、時期も、誰が?というのも定かではない、なんともミステリアスな剣です。

さらにこの剣、2012年に一度折れてしまい、今回私が初めて目にした剣は二代目となります。

一代目はなんと、130年も雨風や落雷、雪に耐えていたというのですから本当に驚きます。

IMG_5629

二代目もずっと長く、山頂にそびえ立っていてくれることを願います・・・☺

この剣について調べれば調べるほど、色んな情報がでてきて

いったい何を信じればいいのやら・・・という気持ちになったのですが

やはりこの男体山、「聖なる山」と言われるだけのことはあるな・・・というのは感じています。

今はそれだけしか言えず・・・すみません💦

FullSizeRender (20)

それでは!

次回は男体山番外編をお送りしたいと思います♪

ぜひそちらも合わせてご覧ください(*^^*)

アンリュミエール 黒木 恵美


前回の男体山記事はこちら↓からも確認できます☆

奥日光の聖なる山「男体山」とは? ★一合目~五合目編★

iinegazou

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る