ブログ

「男体山登山」★番外編(下山、竜頭の滝、湯元温泉)★

男体山 登山

皆さんこんにちは!

千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの黒木です^^

 

今さらですが、最近のアンリュミエールのブログは

旅ネタや山登りネタが多いですね・・・(笑)

美容ネタなども沢山書いているのですが、たまたま保戸塚と同じ時期に美容以外のブログが重なってしまいました💦

皆さま懲りずに、どうかもう少しお付き合いくださいませ・・・☆

 

さて、前回無事に男体山登拝までをご報告しましたが

今日はそこで書ききれなかったことをお話したい思います。


 

★前回までの記事はこちらよりご確認いただけます★

①奥日光の聖なる山「男体山」登山★一合目~五合目編★

②奥日光の聖なる山「男体山」登山★六合目~頂上編★

 

IMG_5667

まず、山頂までの登拝時間ですが

途中での休憩もろもろ含め、約3時間半で到着しました!

これは割と平均的なタイムのようです。

朝の6時22分に出発し、山頂に着いたのが9時40分頃。

朝食はすでに済ましていたので(眠りながら食べた山菜そば)、おにぎりなどは不要かな?と思っていましたが

それは完全に目論見違いでした・・・🙇🏾‍

 

やはり、過酷な登拝でかなり体力もカロリーも消費していたので、山頂ではお腹もペコペコ。

でも持ってきたのはお菓子ばかり・・・!

それでも何も食べないよりはいいので、お菓子をひたすら食べます。

前方には美味しそうなおにぎりや、温かいカップラーメンを食べる人たちが・・・

山頂は寒いですし、温かい飲み物なども持参してくればよかったです😭(そして、お菓子だけではやはりお腹は満たされません)

 

そうこうしてると、どこからか「ブーン」と大きな騒音がしてきました。

 

 

音のなる方を見てみると、そこには小型の物体がプロペラを高速回転させながら宙を舞っています。

 

そう、ドローンです。

ドローンの持ち主は、若い白人男性2人。

山頂からの絶景をドローンを使って撮影しているところでした。

IMG_5639

確かに、この絶景をドローンで撮影できたら本当に素敵だと思います。

私もドローンを持っていたら撮影したいです。

 

・・・でも、ドローンの騒音にはびっくりしました😖

例えていうと芝刈り機の騒音?もしくは掃除機の大きな音?・・・とにかくすごく耳障りな音です💧

 

山頂は風や鳥のさえずりなど、とにかく自然の音に包まれてのんびりできるのが醍醐味ですが

ドローンの人工的な機械音(プロペラ音?)に打ち消され、少し残念な気持ちに。(泣)

そのうち音の静かなドローンがメジャーになることを、切に願います・・・。

IMG_5630

さて!気を取り直して下山します♪

10時30分頃に山頂を出発し、元来た道を下ります。

下山は下山で大変で、特にガレ場は足が滑りやすいので要注意です。

この時間帯に登ってくる登拝客も多く、やはり皆さん八合目とガレ場が苦しそうな様子でした。

登山で人とすれ違う時のマナー(?)として

「こんにちは!」

とお互い挨拶をよくするのですが、挨拶するのもはばかれるくらいキツそうな方も沢山いて

そんな時はそっと心の中で「こんにちは」とつぶやく私です。

IMG_5594

ガレ場を過ぎたあたりから、徐々に虫の音が増えてきます。

中でも驚いたのは、6月の初旬にセミが沢山鳴いていたこと・・・!

奥日光は標高も高く、朝晩は6月でも厚手の上着が必要なくらい冷え込むのですが

太陽が昇り始めて暖かくなると、もうセミの大合唱が始まります。

くわえてカエルも林の中で鳴いていて、自然の心地よい音色に圧倒されました。

IMG_5644

ようやく一合目まで下りてきました! こちらは「男体山一合目遙拝所」です。

山頂にある奥宮まで参拝できない場合は、中宮(登拝前に参拝した場所)で祈願したあと

この一合目まで登って、遙拝する慣わしがあるようです。

IMG_5646

よく見るとハートになっています^^

IMG_5581

そして最後は、靴を清めて帰ります。

沖縄の久高島などもそうですが、神聖な場所に入った時

そこにあるもの一切の持ち帰りを禁じる・・・という慣わしがありますよね。

男体山もそれと同じで、登山靴についた山の土を最後に落として、神聖な場所から出るという決まりがあります。

IMG_5647

13時20分頃下山。なんだかんだで3時間近く、下山にかかりました・・・😖

トータルで6時間半かかった男体山登拝。

恐れていた割に、疲労感も心地よく、それ以上に爽快感が残りました。

そして何といっても、山頂で見たあの絶景は忘れられません・・・!!

大変ですが、また必ず登りたい・・・と心に決めました。

 

また登る・・・と言えば、登山は通常「山頂まで登って、山頂から下りて」というのが普通だと思いますが

一日のうちにそれを何度も繰り返す方がいるのはご存知でしょうか?

今回私が約6時間半かけて登った男体山。

同じコースを、なんと3往復している方がいました😱

一番早い登山開始は6時からなので、私の登り始めた時間ともほぼ変わりません。

しかも、私が下山中の確か四合目あたりで、どなたかすれ違った方に

「いま3往復目です!☺」

と元気に挨拶されていたので、もの凄いペースで往復していたのが伺えます。

恐らく片道1時間とか、1時間半・・・?

普通では考えられません・・・。

IMG_5649

さてその後、中禅寺湖沿いのレストランで「ゆば蕎麦」をいただき

車を走らせ、竜頭の滝を見に行きました。

そしてさらに車を走らせ、到着したのはここ・・・

IMG_5651 (3)

湯元温泉。湯の湖です!

IMG_5652 (3)

FullSizeRender (19)

空がすっかり夏の空ですね^^

この後、湯元温泉でゆったり温泉に浸かり、酷使した体をいたわりました☺

登山後の定番?ともいえる温泉。

実は私は登山後の温泉は今回が初🌟 いつもすぐ電車に乗って帰宅していたので💦

やはり温泉にじっくり浸かると、疲れの回復も早い気がします。

翌朝、宿を出発する時には疲れも吹っ飛んでいました。

IMG_5682

こちらは翌朝、湯元温泉から栃木方面に向かう途中に見えた「男体山」です。

昨日と打って変わって、朝は曇り空だったのであまり綺麗に撮れなかったのですが

男体山は形が富士山にも似ているいため「日光富士」と呼ばれることもあるそうです。

kanto_pho_s03

(画像元:全国ふるさと富士

こちらの画像だと、より分かりやすいかもしれません^^

確かに、富士山のフォルムによく似ていますよね。


さて、3回に渡った「男体山」特集、いかがでしたでしょうか?

普段山に登らない方も、山登りの疑似体験をしたような気持ちになっていただけたら、嬉しいです(*^^*)

ひとまず私が今回強く思ったことをまとめると

①男体山にお菓子だけで挑むのは無謀

②ドローンはうるさい(笑)

そして何といっても

男体山から見る絶景は素晴らしい・・・!!!

ということ。

やはりここは外せません。

登山や絶景がお好きな方には、ぜひ登っていただきたいお勧めの山です。

私は早朝出発して日光を目指しましたが、電車やバスを乗り継いで9時とか10時くらいから登り始める方もいるようなので

割とチャレンジしやすい山だと思います。

 

ひとまず、2017年半ばにして今年の目標を一つクリアです。

でもこれで終わりではなく、また色んな山や自然に触れたくなるのだろうなぁ・・・と今からウズウズしています。

 

次は少し近場の、秩父にある三峰神社に参拝をしたいと思います。

こちらは登山というより、ハイキングをして神社に向かう・・・といった感じになりそうです。

三峰神社は、最近不思議なご縁を感じるような出来事があったので、今からちょっとドキドキしております・・・☺

IMG_5595

またその様子も、ご報告できる時がきたらブログに書いていきますね🌟

 

それでは!

今日も良い一日をお過ごしください♪(#^^#)

 

アンリュミエール 黒木 恵美


★過去の男体山記事一覧★

①奥日光の聖なる山「男体山」登山★一合目~五合目編★

②奥日光の聖なる山「男体山」登山★六合目~頂上編★

 

 

iinegazou

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る