ブログ

珍道中「乗鞍岳」から「上高地」へ

IMG_7926 (002)

こんにちは!

千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの黒木です。

一部の登山好きなお客様から、にわかに支持されている登山ブログ…。

少しもエステや美容ネタにならない内容ですが、今日も最後までお付き合いいただければ幸いです。(笑)

さて、10月中旬のとても天気のいい日曜日。長野県にある乗鞍岳に行ってきました!!

乗鞍岳

images (1)
画像元

乗鞍岳は、北アルプスの南側に位置しており、標高は3,026m。

私が今まで登った中で一番高い岳なのですが、実はこの岳…山頂のわりと近くまでバスで行けるため

わずか1時間半歩くだけであっという間に山頂で絶景を眺められる…!!という、とても体に優しい岳なのです^^

ここ数ヶ月、山登りになかなか行けなかったので、この優しさは嬉しい…!!ということで、いつも以上にリラックスした気持ちでした。

さて、遠くの山&岳に登る時のお決まりのパターンですが、今回も家を出発したのは深夜3時。

中央道を走り、約3時間半かけて乗鞍観光センターに到着です。

IMG_7904 (002)

(AM6:40頃)朝日が眩しい…!!

10月中旬の乗鞍岳近郊をあなどることなかれ…この日の私の格好は真冬仕様。

上半身だけでも、長袖インナーの上にTシャツ、フリース、ユニクロのウルトラライトダウン、雨腫れ兼用パーカーの5枚重ねのモコモコ状態。

それでもちょっと寒かったくらいです。

もちろんニット帽は必須で、ホッカイロを持って来なかったことが悔やまれました…。

IMG_7905 (002)

↑この写真の正面に見えるのが乗鞍岳です!いよいよこれから登るのかと思うと胸が高鳴ります。

IMG_7907 (002)

乗鞍岳は自然保護のためにも、マイカー規制があり、この先はシャトルバスに乗って畳平まで向かいます。

しかし、待てど暮らせど始発7時のバスが来ない…。

どうやら、前日にこの辺りで雪が降ったようで、ここから先畳平までの道が凍結しており、それが溶けないかぎりバスは運行できないとのこと。

ちょっと嫌な予感…。

でも、だいぶ日ものぼってきたし、ここは信じて待ちましょう…と思い、1時間ほどバス停の付近をウロウロ。

すると8時頃、バスの乗車券売り場の女性が軽快な足取りでバス停までやってきて言ったのです。

 

「今日は10時のバスも運行休止が決まりました!!」

 

え…!!!!

 

じゅっ10時?!?!

…今から2時間後のバスも来ないと!?!?

 

というわけで、これにて乗鞍岳登山はあっけなく夢と散りました…。

夜中2時に起きて、やってきたのに…のに…。

 

しかしまだ朝の8時。何かできる、どこか行ける…ということで、近くにある上高地に行ってきました!!

上高地もマイカー規制があるため、沢渡停留所から上高地行きのバスに乗って30~40分。

終点「上高地バスターミナル」の2つ手前にある「大正池」で降り、歩いて上高地へ向かいます。

下の地図のオレンジの線が、当日歩いた道のりです。

無題

大正池、バスから降りてすぐに見えた景色は…

上高地③

まさに絶景!!

手がかじかむ、そして吐く息も白い…でも、そんな寒さも吹き飛ばす光景です。

カモ①

これ、何が泳いでいるか分かりますか?

カモ②

正解はカモです。(笑)

綺麗な池の中を、カモの親子が泳いでいるのを見てひたすら癒されました。

大正池③

上高地は10月初旬にすでに紅葉の終わりかけ。でも、なかなかいい景色が楽しめます。

↓水もとにかく澄んでいます。

大正池②

そしてしばらく進むと水場はなくなり、ひたすら林道が続きます。

上高地⑦

空気がとても綺麗なので、ただ歩いているだけでデトックスになるような場所です。まさに森林浴!

河童橋

↑大正池から約1時間ほど歩いて、上高地のシンボル「河童橋」に到着!

この景色も絶景です…。

今回撮った写真はどれもiPhone(SE)と8年ほど前に買ったごく普通のデジカメ…。

そんなアイテムでもこれだけ綺麗な写真が撮れてる、上高地のチカラ恐るべしです。。

ただ、さすがに寒い中長時間歩いていたためこの辺りで暖をとりたくなりました。

そういうわけで、肉まん登場!!

ワサビ肉まん

ホカホカ肉まん。芯まで冷えた身体に嬉しい食事です。

ちなみにこの肉まん、生地にワサビが練りこんであって、色もほんのり緑色。

中のお肉との相性もいいピリッと加減です。

河童橋付近はちょっとした食事処やお土産屋さんがあるので、肉まんのほかにも、おにぎりやソフトクリーム、お弁当など色々と売ってました。

IMG_7925 (002)

目の前には雄大な山々の景色が広がります。

さて、肉まんを食べて少し休憩してから、明神池に向かう途中には色とりどりのテントが。

上高地⑥

どうやらこのあたりキャンプ場のようで、4月中旬から11月初旬あたりまでやっているようです。

この時期のテント泊、寒そうだけど景色も空気も綺麗だし、きっと星空もすごそうですね!!

さて、その後もどんどん歩き続け、およそ1時間ほどで「明神池」に到着です。

明神池は一之池と二之池、大小2つからなる池で、池畔には穂高神社奥宮が鎮座する神域とのこと。

明神池②

終わりかけの紅葉も美しく、水面がまるで鏡のように鮮やかでした…!!

明神池①

そして、こちら↓↓ 池畔にある穂高神社奥宮での参拝場所です。

明神池⑤

ここがとにかく神秘的で美しく、まさに凛とした空気がただよう場所でうっとり。

明神池④

かなり人気な場所でしかも日曜日ということもあり、人がたくさんいたのですが、参拝は一人一人ちゃんと並んで行っていました。

明神池③

私ももちろん参拝してきました!!

そして、別角度からの参拝風景もパシャリ。外国の方もたくさんいて、かなり国際色豊かな場所になってます。

明神池⑥

さて、明神池を満喫したあとは、林道を通って上高地バスターミナルに戻ります。

ちょっと拡大しないと見ずらいかもしれないですが、下の地図でいうと行きは河童橋から明神池まで「梓川左岸」を歩いて行ったのですが、帰りは「梓川右岸」を歩いて帰りました。

上高地マップ①

梓川左岸では、川の向こうに明神岳などの山々がひろがる景色を楽しめる…という良さがあるのですが(↓まさに下の写真です)

上高地④

帰りの右岸もなかなかいいコースで、小川が流れる林道をてくてく進む…という何の変哲もなさそうなコースと思いきや

上高地②

時折鮮やかな紅葉に胸打たれる…!!そしてすかさず写真を撮りまくる(笑)という、何とも楽しいコースでした。

上高地

早朝、まさかの道路凍結による登山断念…という切ない出来事もありましたが、それを払拭するくらい、自然の美しさに触れられた上高地。

上高地のベストシーズンは、5月下旬~6月中旬の新緑の季節や、7月下旬~8月初旬の夏の時期、そして9月下旬~10月末頃の紅葉の時期と言われていて、私は今回ギリギリ紅葉の終わりかけに訪れましたが、さすが人気の時期ということもあり、やはり沢山人がいました…!!

絶景は素晴らしかったのですが、正直人の多さに疲れた場面もあります(汗)(特に明神池。ここは割と狭い空間なので人が密集しやすいです)

もしもゆっくり静かに上高地を楽しみたい時には、ベストシーズンを避けるか、もしくは平日に行くのがお勧めだと思います。

上高地は標高が高くて夏場も日中15~21℃前後と涼しい所なので、個人的には夏の上高地もぜひ体験してみたいと思っています^^(←やはり平日で。笑)

そしてまさに今の時期、11月以降は上高地は雪に覆われるため閉山します。

ただし、登山中上級者の方など「スノートレッキング」を楽しむこともあるようで…

wadaphoto.jp
画像元

私もこんな景色の中、スノートレッキングもいつか挑戦してみたいなぁ…と秘かに思っています。(でもかなり寒そう…)

さて、“旅は家に帰るまでが旅”とよく言いますが…行きは高速道路を飛ばし3時間半弱(乗鞍観光センターまで)で着いた道のりが

か、帰りはなんと…約6時間かかりました。。

確か40か50キロの渋滞(事故&自然渋滞)に巻き込まれ、もうこのまま永遠に高速道路から出られないのではないかと錯覚するほど、ひたすら続く車の列、列、列…

サービスエリアにさえ寄らず、ただひたすら牛歩のごとく進む車の中にいると、上高地での癒しはどこへやら…

私の頭の中はとにかく、一分でも早く家に帰って眠りたい…!!そればかりでした。。

乗鞍岳登山を断念して向かった上高地で癒され、そして帰りの大渋滞で疲労困憊する…何だかプラマイゼロな気がとてつもなくしますが、それも珍道中の醍醐味(?)というわけで、今となってはいい思い出です^^;

 

ではでは、皆さまも機会があったらぜひ上高地に行ってみてくださいませ♪

自然の美しさにとにかく圧倒される場所です…!!

アンリュミエール 黒木 恵美

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280 (1)

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る