ブログ

鳥羽国際ホテル 潮路亭②|伊勢&鳥羽旅行記3

潮路亭ディナー

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。

今回も前回に引き続き、「鳥羽国際ホテル 潮路亭」の宿泊記の続きをお送りします。
前回までの記事をまだご覧になっていない方は、↓のリンクからご覧ください。

名古屋も観るところあるある!名古屋旅行記★

伊勢&鳥羽旅行記1「伊勢神宮 外宮・内宮・おかげ横丁」

伊勢&鳥羽旅行記2「鳥羽国際ホテル 潮路亭①」

今日は楽しみにしていた夕食の様子です!
旅の楽しみといえば、やはり食べ物ですよね。
私の中で三重県は、伊勢エビや松阪牛など美味しいものがいっぱいあるというイメージがあったので、旅館を選ぶときは、特に「料理に力を入れている宿」というのが、今回の宿選びのポイントでした。

今回の宿泊プランは「じゃらん」で予約したのですが、「夏のモダン会席 味覚プラン」というプランで、通常の「基本プラン」に、伊勢海老のグリル・鮑柔ら煮が付いてグレードアップしたグルメプランです。
1室3人で宿泊して、1泊1人24,700円(45日前までの早割で1,000円引きでした)でした。基本プランだと20,000円くらいだと思います。


夕食は、「Dining 白石」で「夏のモダン懐石」♪

IMG_8769

夕食は、「Dining 白石」という御食事処でいただきます。
私は部屋食よりも、別の場所の方が好きです。食事をしている間にお布団の準備をしていただけますし、旅行かばんで散らかった部屋を片付けるのも大変ですしね(笑)

夕食は、17:30~と、19:45頃~の2部制となっていて、私たちは早めの17:30~予約をしました。
最初、17:30は早すぎる・・・と思っていましたが、お昼は伊勢神宮のおかげ横丁で12時前に伊勢うどんを食べただけだったので、いい感じでお腹が空いてきました。

shioji

御食事処は、壁で部屋が仕切られていて、出入り口はオープンなつくりの半個室でした。
周りの声も全く聞こえず、静かな空間で落ち着いて食事ができました。

IMG_8778

 

IMG_8723

そして、窓側からの席から見える素晴らしい庭園の風景です!日本庭園と奥に見える海が本当に素敵過ぎます♪
個室のブースの場所によってお庭の見え方が変わりますが、私たちは一番良い場所だったのではないかと思います。
広いお庭を見ながらのディナー、期待に胸が膨らみます。

IMG_8727

こちらが今晩のメニューです。
アワビや車エビ、そして伊勢エビ・・・。さすが、オーシャンビューの旅館だけに海の幸がいっぱいの献立ですね。
それでは、いよいよ御食事スタートです!

IMG_8728

酒肴小鉢盛り

IMG_8732

地物真薯の清し汁

IMG_8733

鮮魚の姿造り盛り合わせ(3人前です)
お刺身がたくさんでビックリ!
東京での2,3切れに慣れているので、これだけ出されると本当に嬉しいです。

IMG_8736

黒毛和牛のローストと焼き野菜
松阪牛でないのが残念ですが、超超高級ですもんね。

IMG_8738

鮑の柔らか煮と車海老生姜煮
あわび、美味しかったです。里芋の煮つけも自分では再現できないプロの味!

IMG_8742

伊勢海老のグリル シャンパンソース
本日のメイン、伊勢海老の登場です。
シャンパンソース、和というより、むしろフレンチ。
やっぱり味覚プランにして正解! おいしかった~。

IMG_8744

炊き込み御飯 野菜の薄味噌仕立て 漬物三種盛り
最後は、ごはんで〆です。この炊き込み御飯、本当においしかったです。
ごはんとお味噌汁はおかわりができます。赤だしも出汁がきいていて、おいしかった~。

IMG_8750

果物
食後のデザートはさっぱりとしたフルーツ。

いや~本当に満足です。美しい夕暮れの景色を見ながら、いただく夕食は最高に幸せなひとときです。
母も喜んでいたので、本当に良かったです。

IMG_8745

夕暮れ時の海。
ここに来る前にたまたま自宅の本棚にあった三島由紀夫の「潮騒」を読んだら、この近くの島が舞台になっていて驚いたのですが、「鳥羽」も少しだけ出てきて、きれいな海を想像していたのですが、実際にその通りで良かったです。

それでは、次回は朝食の様子と鳥羽水族館をお届けします。
お楽しみに☆彡

アンリュミエール 保戸塚 優美


★名古屋・伊勢&鳥羽旅行記リンク★

名古屋も観るところあるある!名古屋旅行記★

伊勢&鳥羽旅行記1「伊勢神宮 外宮・内宮・おかげ横丁」

伊勢&鳥羽旅行記2「鳥羽国際ホテル 潮路亭①」

伊勢&鳥羽旅行記4「鳥羽国際ホテル 潮路亭③ & 鳥羽水族館」


 

iinegazou

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る