ブログ

鳥羽国際ホテル 潮路亭③ & 鳥羽水族館|伊勢&鳥羽旅行記4

鳥羽水族館6

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。
今日はシリーズでお送りしてきた名古屋と伊勢&鳥羽旅行記の最終回です。
鳥羽で宿泊した「鳥羽国際ホテル 潮路亭」の朝食と、「鳥羽水族館」の様子をお届けします。

前回までの記事をまだご覧になっていない方は、↓のリンクからご覧ください。

名古屋も観るところあるある!名古屋旅行記★

伊勢&鳥羽旅行記1「伊勢神宮 外宮・内宮・おかげ横丁」

伊勢&鳥羽旅行記2「鳥羽国際ホテル 潮路亭①」

伊勢&鳥羽旅行記3「鳥羽国際ホテル 潮路亭②」


素敵な和朝食で最終日スタート♪

IMG_8773

朝食も夕食と同じくお食事処「白石」で。 7:00〜10:00の間にいつでも行ってもいいというシステムです。
朝食の時間が固定されていないのは、朝が苦手な私にとってはありがたいことです。でも、旅行中はなぜか早く目が覚めるんですよね。
案内された席は、前日の夕食のときよりも海と庭から離れたところでしたが、自然の木々に囲まれて爽やかな朝を迎えることができました。

IMG_8775

朝のメニューです。
旬産旬消をコンセプトに、季節の野菜や食材を和モダンにアレンジして作られた朝食です。
朝ごはんと思えないほどの料理のラインナップがずらりと並んでいます。

asa1

まずは、こちらの「熊野みかんジュース」。地元のみかんの濃厚なしぼりたてジュースです。

IMG_8783

そして、見た目もきれいな小鉢に入ったお惣菜の数々。月ごとにメニュー変わるようです。
ひとつひとつ手が込んでいて、どれもヘルシーで美味しかったです。(↑は2人分同じ籠に入っています。)
黄色いふたのある器には、松阪牛の赤ワイン煮が入っています。念願の松阪牛をまさか朝食でいただけるとは!うれしい♪

IMG_8782

旅館の朝ごはんの定番の干物といえば、鯵ですよね。
奥に見えるのが、「答志島産蛸・ひじき・野菜の飛竜頭風」。ふわふわと柔らかい中に蛸がいいアクセントになっていて、おいしかったです。

IMG_8781

こだわりの白ご飯(伊勢でとれた御糸米使用)と蜆(シジミ)の味噌汁。
シジミの出汁が濃厚で、体によさそうな味でした。ごはんは白米または麦ごはんから選べます。
炊き方にもこだわっているのでしょうか。旅館のごはんっておいしいですよね。

IMG_8791

朝はやっぱりコーヒーが飲みたい!という人には、ラウンジで無料サービスがあります。

IMG_8789

朝の静かな海を眺めながらのコーヒー、贅沢ですね。


チェックアウトをして鳥羽水族館へ

IMG_8802

「鳥羽国際ホテル 潮路亭」には、1泊2日の短い滞在でしたが、美味しいごはんと温泉を堪能できて、とてもリラックスできました。
旅館でありながらも、落ち着いた広々としたラウンジスペースや食事処では、ホテルのような開放感とスマートなサービスがあり、とても居心地が良く私好みの旅館でした。
トリップアドバイザーの口コミ評価が高いのも納得です。
また機会があれば、今度は別のお部屋にも宿泊してみたいです。

11:00少し前にチェックアウトをして、鳥羽駅までの送迎バスをラウンジで待って、いよいよ出発です。
旅館のスタッフに手を振って見送っていただきながら、潮路亭を後にしました。
さて、次の目的地は「鳥羽水族館」です。

IMG_8814

鳥羽水族館は、「鳥羽駅」から海沿いを歩いて10分ほどですが、隣の「中之郷(なかのごう)駅」で降りると目の前なので、こちらの駅から行きました。
ただし、近鉄特急は止まらないのと、各駅停車も本数が少ないので、タイミングが合えば使える駅だと思います。

 

鳥羽水族館とは??

鳥羽水族館は、三重県鳥羽市に本拠地を置く、日本屈指の規模を誇る水族館である。 2015年2月時点の展示生物は約1,200種で、日本国内では最大である。
自然の環境を再現したゾーンが12あり、約1200種類30,000点もの海や川の生きものが飼育・展示されている。
Wikipediaより

久しぶりの水族館!
5年くらい前に沖縄の「美ら海水族館」へ行った以来です。
鳥羽水族館、なんと展示生物数日本一!!知らなかったです。
期待に胸が膨らみます♪

水族館って海に囲まれた島国に住む日本人にはわりと身近な存在ですよね。実際に水族館の数も日本は世界一だとか。
最近は癒しを求めて水族館を訪れる人も多く、来場者数は増えているそうです。

では、鳥羽水族館で撮影した画像をご覧ください!

IMG_8863

 

IMG_8820

 

toba-1024x768

鳥羽水族館は、動物たちによるショーもたくさん行われています。
↑は、「ペンギン散歩」というもので、ペンギンがよちよち歩きで集団行動をするのを鑑賞できます。

IMG_8850

広い水槽の端っこで重なり合っている魚たち。お昼寝中でしょうか・・・ほとんど動かずじっとしています。

IMG_8846

カピパラがくつろいでいる姿に癒されます★

IMG_8853

アシカのショー。アシカって頭の良い動物なのですね。

toba2

こちらは、セイウチのショー。というか、セイウチに触れるというもの。
セイウチってすごく大きくて近くに来ると、ちょっとビビってしまいます!

IMG_8822

こちらは、真珠の養殖で有名な「ミキモト真珠島」です。鳥羽水族館のすぐ近くです。
今回は水族館をゆっくりまわったので、こちらへは行けませんでしたが、真珠博物館以外にも野鳥の森や庭園もあって、人気の観光スポットとなっているようです。


★旅行記まとめ★

5回にわたってお届けした名古屋・伊勢&鳥羽の旅行記、いかがでしたか?
私にとっての旅は、日常(都会)を離れて、自然の美しさに触れ、心身ともにリフレッシュすることと同時に、非日常の中で新しい刺激を受けて、エネルギーとパワーをチャージすることだと思います。

こうして旅のブログを書くことも、旅行の続きというか、「復習」をしているみたいで、旅の間には気づかなかったことや新たな知識が後になって分かったりするのも面白いです。
今回、初めて訪れた三重県、まだまだ面白いところがたくさんありそうですね。
またいつか訪れてみたいと思います!
長いブログでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

アンリュミエール 保戸塚 優美


★名古屋・伊勢&鳥羽旅行記リンク★

名古屋も観るところあるある!名古屋旅行記★

伊勢&鳥羽旅行記1「伊勢神宮 外宮・内宮・おかげ横丁」

伊勢&鳥羽旅行記2「鳥羽国際ホテル 潮路亭①」

伊勢&鳥羽旅行記3「鳥羽国際ホテル 潮路亭②」


iinegazou

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る