ハーブオイル33+7 バーム

原産国 スイス
内容量 15ml
販売価格 ¥2,600(税別)

 

人気の肌に塗れるブレンドアロマオイル『ハーブオイル33+7』から全身に使えるボディバームが新登場。

スイスの修道院に中世から伝わるハーブレシピをベースに33種類の精油と7種類のハーブエキスを配合。40種類ものアロマが凝縮された贅沢なボディバームです。

保湿効果に定評のあるひまし油、ミツロウ、カルナウバロウが肌の表面をしっとり覆い、皮膚の水分の蒸発を防ぎます。またローズマリー、マリーゴールド、カモミールといったハーブが気になる肌荒れに働きかけてくれます。ミント系のさわやかな香りにはリフレッシュ効果も。

ハーブオイル33+7 バームはひじやひざなどの乾燥が気になる箇所はもちろんですが、手や爪まわりなどハンドクリームのように使いながらささくれケアにもご使用いただけます。

毛先のパサつきが気になる場合はハーブオイル33+7 バームを毛先に塗るとしっとりし、おさまりが良くなります。

また、ハーブオイル33+7の特徴でもある爽快感はハーブオイル33+7 バームでも健在。肩や首まわり、胸元に塗ることでハーブのチカラを感じていただけることでしょう。

修道院で培われた伝統レシピ

中世の頃、修道院は薬草学の中心として、栽培から処方にいたるまで日夜研究が行なわれていました。

ナリンの肌に塗れるブレンドアロマオイルはスイスにあるヨーロッパ最古の修道院、ザンクトガレン修道院に保管されているシスター達が綴った伝統レシピをベースにしています。

直接塗れるアロマオイルがベース

修道院の伝統レシピをベースにしたナリンのハーブオイル33+7はフランス式アロマに対応した「肌に直接塗れるアロマオイル」です。40種類のハーブが織りなす絶妙な香りとパワーはスイスで『奇跡のしずく』と称されるほど。

肌タイプ

すべての肌タイプ

全成分

ヒマシ油、ミツロウ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ユーカリ葉油、リモネン、オレンジ油、セイヨウハッカ油、酢酸トコフェロール、カルナウバロウ、スペアミント油、ラベンダー油、レモン果皮油、セイヨウアカマツ葉油、ハイマツ油、リナロール、ローズマリー葉油、バニラ果実油、モツヤクジュ油、ベンゾインガム、オウシュウヨモギエキス、ダイウイキョウ油、セイロンニッケイ樹皮油、カユプテ油、チョウジ花油、コウスイガヤ油、ウイキョウ果実油、セイヨウネズ果実油、メリッサ葉油、ニクズク核油、セージ油、タチジャコウソウ油、クミン種子油、メボウキ油、ベルガモット果皮油、ショウズク種子油、マンダリンオレンジ油、チョウジ葉油、ローズウッド油、セロリ種子油、ニオイヒバ葉油、メントール、オタネニンジン根エキス、セイヨウハッカエキス、アロエベラエキス、ローマカミツレ花油、トウキンセンカエキス、ブッチャーブルーム根エキス、セイヨウオトギリソウ油、ヒマワリ種子油、オイゲノール、ゲラニオール、シトラール、シトロネロール、アニスアルコール、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、ゴマ種子油、マカデミア種子油、オリーブ果実油

ご使用方法

少量を手のひらにとり、体温で温めて液体状に溶かしてから乾燥が気になる箇所に塗ります。毛先などにもお使いいただけます。

* 目の周りや唇など皮膚の薄い部分には塗らないでください。

使用上の注意

– 傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
– 目に入ったときは直ちに洗い流してください。
– 肌に合わないときはご使用をおやめください。
– 効果・効能については個人差がございます。
– 3歳未満のお子さまへのご使用はお控えください。
– 製品の一部にエッセンシャルオイルを配合していますが、妊娠中であってもとくに問題のない濃度となっております。ただし、妊娠中は香りやお肌が敏感になられる方もいらっしゃいますので、香りによって気分がすぐれないまたは肌トラブルなどございましたらすみやかにご使用をおやめください。

保管上の注意

– 冷暗所に保管してください。
– 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
– 開封後1年以内になるべく早く使い切りください。

00111
商品番号:00111

ハーブオイル33+7 バーム|ナリン

在庫状態:在庫有り
¥2,600(税別)
数量