ブログ

山のホテル箱根宿泊記1~客室編~

IMG_9087

こんにちは。千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。

今日は箱根の芦ノ湖畔にある「山のホテル」の宿泊記をお届けします!

 

IMG_9108

新宿から小田急ロマンスカーで1時間40分というアクセスの良さで人気の箱根へ、またまた行ってきました!
今年はゴールデンウィークにも行ったばかりだったので、行く予定はなかったのですが、夫がこのホテルに泊まりたいということで急遽行くことになりました。
前日に「直前割」というお得なプランで予約も取れたので、ラッキーでした!

私は仕事を少し早めに切り上げて、麹町から新宿に向かい、小田急ロマンスカーに乗り換えて、町田で夫と合流して行く予定でした。
前日にロマンスカーの空き状況をネットで調べていた夫が、がら空きだと言っていたので、予約を入れなくてもいいかなと思ったのですが、新宿に着いてびっくり!
新宿から町田までは既に満席で、ロマンスカーに乗れないというまさかの状況に!!

がら空きなのは、町田~箱根湯本の区間であって、新宿から町田は夕方の通勤時間帯とかぶってしまったため、混雑していたのです。
特急に乗れないとなると、どうすればいいの!?

券売機近くの駅員さんに尋ねたところ、2分後に出発する快速急行で町田まで行けば、町田からは私の乗りたかったロマンスカーに乗り換えられるということだったので、ホームまで急いで走り飛び乗りました。
ギリギリ快速急行に乗れたおかげで、町田で夫と同じロマンスカーで合流でき、無事に箱根湯本に着くことができました。

やはり、旅行に行く際の交通機関の事前予約は必須ですね。スマホで簡単に予約できるから後でいいやと油断していたのが間違いでした。

IMG_9109

箱根湯本駅からは山のホテルへはバスでも行けるようですが、駅に到着したのがすでに7時半を過ぎていたのでタクシーで向かいました。25分ほどの乗車時間で4,000円くらいだったと思います。

ホテルを帰るころに気が付いたのですが、新宿から山のホテル行きのバスもあるそうです。
所要時間は150分で、料金は2,210円ととてもリーズナブル。往復割引券は4,200円とさらにお得です。
箱根湯本駅からの片道のタクシー代と同じくらいの料金で、新宿から乗り換えなしで往復できるなんて、とっても便利!
時間が合えば、次回使ってみたいと思いました。

ようやく山のホテルに到着したのが20時を過ぎたころと遅かったため、ホテルのエントランスやロビーはひっそりと静かでした。
↑の写真は、翌朝撮影したものです。


つつじの庭園が有名な老舗ホテル

IMG_9087

山のホテルの歴史は古く、1948年(昭和23年)の創業から今年で69年という老舗ホテルです。
もともとこの地は、三菱の創業者岩崎彌太郎の甥である岩崎小彌太男爵(1879〜1945年)の別邸が建てられていたところだったそうです。

IMG_9085
山のホテルといえば、広大な敷地を誇る庭園に咲く「つつじ」が有名です!
5月連休明けくらいから咲くとのことで、↓のような、富士山をバックにした美しいつつじを楽しめるようです。
(画像は山のホテルHPより)

つつじ

 

IMG_9094

今回は残念ながらつつじは見られなかったのですが、きれいなバラや他のきれいな花が咲いていました。

IMG_9100

 

IMG_9097

ウエディングも行われるチャペルの前はローズガーデンになっています。

IMG_9105

私たちが宿泊した日は、8月初旬でしたが、雨が降って肌寒い日でした。
箱根は標高が高く、夏でも気温も低く涼しいようです。

夏は伊豆などの海の方が人気があるそうで、箱根は意外と穴場だとか。
また、最近は外国人観光客に大人気で、平日の半分は外国人だそうです。(とにかくよくしゃべったタクシーの運転手さんの話。)


部屋はリニューアルされてクラシックモダンな雰囲気

IMG_9055

チェックイン後、ようやくお部屋に到着です。こちらのホテルの客室のほとんどは、私たちが宿泊したスタンダードツインタイプが多いようですが、源泉かけ流しの温泉付きのプレミアムツインや和洋室も一部あるようです。

私たちが利用した「直前割」のプランは、1泊2食付きで1人18,800円と、通常料金よりもかなりお得でした。
(通常は22,000~26,000円くらい?もちろん、季節や曜日による変動があると思います。)

箱根は都内からもアクセスがよく気軽に行ける場所なので、思い立ったときにふらりと出かける小旅行には最適だと思います。
こういったプランを上手に使って、短い休日をもっと楽しみたいです!

IMG_9061

山のホテルは創業70年近い古いホテルですが、2015年に内装はリニューアルされているため、古さは感じられずとてもきれいでした。
リニューアルされても重厚でクラシカルな雰囲気はそのままといった感じで、とても静かで落ち着いた客室でした。

IMG_9062

箱根の伝統工芸品として有名な「寄木細工」のトレイ。お部屋にこういう小物がひとつでもあると、箱根らしさが感じられていいですね。

IMG_9060

バスルーム。大浴場が充実していて、部屋からも近かったのでこちらは使用しませんでした。

IMG_9058

老舗ホテルでも、水回りが新しいのはうれしいですね。ピカピカでした。

IMG_9059

アメニティは山のホテルオリジナルのPOLAのもの。私は塩浴をしているので、アメニティは使いませんが、よさげな雰囲気出てますね。ボトルもかわいいです。箱根はPOLA美術館もあるせいか、アメニティがPOLAのところが多い気がします。

IMG_9067

以上、山のホテル、客室編をお送りしました。
エステサロンのブログなのに、旅行記のブログの方が圧倒的に人気です!ぜひ他の美容やサロン経営ブログもご覧くださいね。

アンリュミエール 保戸塚 優美

iinegazou

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る