インディバ

インディバの深部加温で体内に蓄積されたコリや疲労物質等の老廃物の排泄を促し、脂肪燃焼しやすい体へ。
さらに筋肉の深層部へもアプローチする強めのマッサージでしっかりとコリをほぐしながら、
老廃物をリンパ節へ流し、メリハリのある美しいラインへと整えます。
最高級のオーガニックアロマオイルを使用した、香りも楽しめる贅沢なコースです。

インディバ&ボディマッサージコース

【トリートメント内容】インディバRESモードによる施術 → インディバCAPモードによる施術 → 循環体質マッサージ(デトックス&スリミング)
※マッサージオイルは、Australian Certified Organicの有機認証を取得した、ヒマワリ種子油、チャ種子油、アーモンド油をブレンドした最高品質のオーガニックオイルを使用しています。

コース名 時間 価格(税込)
インディバ&循環体質マッサージ【初回限定】 70分 10,800
インディバ&循環体質マッサージ【大人気!】 120分 17,280
インディバ&循環体質マッサージ 150分 21,600円
スリムレッグコース(下半身集中) 90分 15,120円
デトックス&スリミングコース(上半身) 90分 15,120円

 

インディバボディ回数券

施術時間 回数 税込価格
90分 5回分 通常価格:75,600円
→71,800円
(14,360円/1回)
90分 10回分
《1回分無料!》
通常価格:151,200円
→136,000円
(13,600円/1回)
 120分 5回分 通常価格:86,400
→81,000円
(16,200円/1回)

※上記時間は施術時間です。別途、カウンセリング、お着替え等のお時間がございます。

yoyakubanner2


kaonoindiba

インディバの温熱作用が、肌内部の皮下組織や筋肉を細胞レベルで活性化。
手では直接届かない、顔の深層筋肉をインディバで温めることで、顔のコリをほぐしやすくします。

また、筋肉に直接働きかける事で、たるみ・二重あごの改善、小顔・リフトアップ効果が期待できます。
さらに痛気持ち良い強めの顔深筋マッサージで血流・リンパの流れを促進し、むくみのないスッキリとしたフェイスラインへ。
顎関節症や咬筋肥大症などの生活習慣病の予防や痛みの緩和にも効果絶大です。

ニュージーランド生まれの高品質オーガニックコスメ「キャロルプリースト」を使用したトリートメントは、お肌に優しいことはもちろん、一回のトリートメントから目に見える効果を実感できます。

インディバ×顔深筋マッサージコース

【トリートメント内容】 アロマリッチクレンジング → インディバRESモードによる施術 → インディバCAPモードによる施術 → 顔深筋マッサージ(肩、首、デコルテ)→ 仕上げ

コース名 時間 税込価格
インディバフェイシャル【初回限定】 70分 10,800
インディバフェイシャル【2回目以降】 70分 14,040円
スーパーリフトアップフェイシャル 90分 17,280円
インディバオプション 20分 3,780円

 

 インディバフェイシャル回数券

施術時間 回数 税込価格
90分 5回分
お得!
通常価格:86,400円
→71,800円(14,360円/1回)
90分 10回分
大変お得!
通常価格:172,800円
→136,000円(13,600円/1回)
120分 5回分 81,000円
(16,200円/1回)

※120分のコースは、回数券限定のコースです。
【トリートメント内容】背中:肩・肩甲骨調整マッサージ→フェイシャル:アロマリッチクレンジング→ インディバRESモードによる施術 → インディバCAPモードによる施術 → 顔深筋マッサージ(肩、首、デコルテ)→クレイマスク→仕上げ
※上記時間は施術時間です。別途、カウンセリング、お着替え等のお時間がございます。

yoyakubanner2

インディバ

インディバとは、電気メスの発明者であるスペインの物理医学博士ホセ・カルベット氏により開発された電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」の総称です。

電気メスと同レベルの高周波中波領域を応用した温熱機器で、人体の各組織にジュール熱を発生させます。
ジュール熱が発生することで、体内温度が1~5℃(部位によっては7℃)上昇し体を芯からポカポカと温めることができます。

 

インディバの仕組み

インディバの最大の特徴は、外からの熱で身体を温めるのではなく、自分の身体の中から熱(ジュール熱)を発生させて温めるということです。
トリートメントは、写真の円形の電極と、金属板の電極で身体を挟んで行います。
この2つの電極の間に高周波を通電させて、身体の深い部分に熱を発生させていきます。
痛みは全く伴わず、インディバを当てている間は、セラピストの手による温かいマッサージを受けているかのような感覚です。

身体の表面だけでなく、芯から温めることで、基礎代謝をアップさせ、細胞や内臓機能を活性化し、血液やリンパの流れを促進します。その結果、無駄な脂肪や老廃物がスムーズに排出されるので、痩身効果など、美容の面でもさまざまな効果を期待できます。
インディバ ジュール熱のしくみ

 

インディバによる美容と健康への効果

インディバフェイシャル

フェイシャルへの効果
・しみ、しわ、くすみの解消、アンチエイジング対策
・リフトアップ、引き締め効果
・老化予防・予防美容・肌の生まれ変わりを促進
・顔、首、肩のコリを緩和
・小顔効果
・血行促進、顔色を良くする効果
・むくみの軽減

 

インディバボディ

ボディへの効果
・過剰な皮下脂肪、内臓脂肪の自然燃焼の促進
・冷えの改善、解毒効果、便秘の改善
・首、肩のこり、腰痛の緩和
・足の疲れ、むくみの緩和
・全身のシェイプアップ、リフトアップ
・セルライト対策

 

どうしてインディバで痩せるの?

女性の大敵である便秘、肩こり、生理痛、肥満、肌あれ、腰痛といった症状のほとんどは「冷え」が原因と言われています。
インディバの深部加温は冷えを解消することで体質を改善し、体温を上げる(基礎代謝と免疫力をアップさせる)効果があります。
それに伴いむくみやセルライトの軽減、減量をしやすくなりますが、インディバが直接脂肪を減らすとういうよりは、インディバによる体内深部からの温熱によって痩せることにつながります。
また自律神経のバランスを整えストレスを軽減するのも大きな特徴です。

インディバ痩身の仕組み

 

インディバの「温熱作用」はストレス緩和にも効果的!

natural beauty (4)人間の体の体温コントロールに大きくかかわる自律神経。
この自律神経はさらに、「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられます。
このうち運動したり怒ったりすると血圧を上げて、活発な活動を促すための酸素を急速に全身に送ろうとするのが交感神経
その反対に、睡眠時やリラックスしている時に優位になっているのが副交感神経です。

両者は普段、交互にバランスよく働いています。
例えば、寒いときには交感神経が優位になり表皮の血管を収縮させ、熱の放射を防ぎます。
いっぽう暑いときには、副交感神経が優位に働き、表皮の血管が拡張して熱を放散させます。

女性の多くが悩まされる「冷え」は、実は交感神経の緊張が原因といわれています。
熱の多くは筋肉でつくられ、血液が全身に巡っています。

しかし、多忙な毎日からくるストレスや睡眠不足の状態で一生懸命働き続けると交感神経の緊張状態が続き、血液を運ぶ働きが弱まります。
交感神経は血管を収縮させる作用があるので、血液量が減少し全身を巡る血液循環量も大幅に減少。
これにより体温が下がってしまうのです。
また、ストレスが続いた状態では、交感神経が緊張して白血球の顆粒球が増加し、これも低体温の原因に結びつきます。

インディバの温熱作用は、自律神経のバランスを整え、さらにはストレスが原因で分泌されるホルモン「コルチゾール」を減少させることが確認されています。
このコルチゾール、慢性的なストレスがあると分泌されるホルモンなのですが、筋肉を削って脂肪に変えてしまう…という働きがあるため「ダイエットの敵」と言われています。
慌ただしい毎日を過ごす中、ストレスを感じないことのほうが難しい…と思ってしまうほどの現代社会。
知らず知らずのうちに分泌されている「コルチゾール」の減少にも効果的で、同時に自律神経のバランスまで整えてくれるインディバは、
単なる美容機器ではなく、現代人の心のメンテナンスまで一緒にできる、力強いお助けマシーンとも言えるかもしれません。

 

当店のインディバへのこだわり

◆スタッフは全員、インディバ認定エステティシャン◆

diplomインディバは、ただ機械をあてるだけでなく、実は施術者の技量によって得られる効果もまったく異なってきます。
アンリュミエールでは、定期的にインディバ・ジャパンや社内での研修を欠かさず、常にスタッフの技術向上に努めております。
せっかくインディバを受けるなら、しっかりと技術の高い施術者から受けたい…!!とお思いの方にこそ、ぜひ当店でインディバを受けて頂きたいです。

◆インディバ社の正規品クリームを使用しています◆

インディバクリームインディバ社の正規品クリームは、 インディバ機器の機能に合わせて製造されたもので研究を重ねてつくられた通電性、安全性の高い最高レベルのものです。
インディバをあてた際の抵抗値を最小限にしてホットスポットを抑え、体内への高周波エネルギーを透過しやすくしたりエレクトロードの移動を容易にし、インディバ最大の特徴である深部加温には必要不可欠なクリームです。

 

インディバについて、さらに詳しく知りたい方へ

◆インディバ開発経緯◆

1970年代から、スペイン・インディバ社では0.5MHz+-0.2MHzという高周波中波領域を使用した電気メスの開発を行っていましたが70年代後半にはこの分野の開発が一段落していました。
いっぽう、電磁波による温熱作用の生体への効果に対する関心が70年代に入ってから高まりつつあり、体内を加温することによるさまざまな健康・美容効果が考えられるようになってきていました。
こうした状況から、インディバ社では77年から電気メスの技術を応用した高周波温熱機器の開発に乗り出したのです。

当時の多くの企業は、8~30MHzを周波数領域として開発に着手していましたが、この周波数では電極周辺の発熱が大きく、過剰加温(ホットスポット)が避けられないという問題に直面していました。
それに対してインディバ社は、同社が開発した電気メスの0.5MHzという長い波長の電磁波エネルギーを使用しており、この周波数であれば、体表でのエネルギー消失を最小限にとどめてホットスポットを抑制することがができました。

あとは容量の多いエネルギーを、体内に均一に透過することが課題でした。
加温で発生するジュール熱は、生体組織へのエネルギー吸収率(SAR)で示されますが、このSARを研究した結果、誘導加温型と高周波中領域では最も低い0.44MHzの採用によってホットスポットの抑制と高容量かつ均一のエネルギー透過を実現することができました。

高容量の電磁波エネルギーを体内に均一に透過できるということは、電磁波エネルギーを体の深部までしっかりと速く届けられ、幅広い効果が期待できるということを示しています。

その後、1983年に、スペインのインディバ社は誘導加温の別称でもある容量性結合型加温からCapacitive Electric Transfer(C.E.T=容量性電移法【通称CAP(キャパ)】)で特許を取得。

その後、細胞組織のインピーダンス(※1)をさらに改善したResistive  Electric Transfer(R.E.T=抵抗性電移法【通称RES(レス)】)でも特許を取得し現在に至っています。
(※1)圧と流の比を表す単語のこと。

なお、C.E.Tについては特許は切れていますが、R.E.Tは今も有効であり、高周波温熱機器が数多くある中でも、このR.E.Tを使用できるのは「インディバCRet System」(商標登録・特許取得済)のみとなっております。

そしてこのインディバが日本に上陸したのが1995年。
その後20年以上の月日を経ながら、インディバの幅広い効果が認められ、今現在は本物志向のエステティックサロンや整骨院、医療現場などでも取り扱うようになっています。

◆予防美容としてのインディバ◆

shutterstock_292193411世界でも長寿の国として注目を浴びる日本ですがその一方で、病気を患っていたり、寝たきりの状態で長生きしている人が多い…という厳しい現実も抱えています。
今後ますます高齢化が進む中で、「健康的な高齢者」「若々しい高齢者」と呼べる人を一人でも多く増やすために、「予防医療」はもちろんのこと、インディバを始めとする「予防美容」もとても大切になってきます。

インディバと聞くと、痩身のイメージが非常に強いですが、痩身だけでなく、幅広い効果が期待できるのがインディバ最大の魅力です。
例えば、前述した「自律神経のバランスを整える」効果など、まさに心身の健康のかなめとも言える自律神経を整えることで
そこで得られる効果は、単なる「美容」ではとどまらない、計り知れないものがあると言えます。
また、体内温度が上昇することで免疫力がアップすることは数多くの研究で証明されていますが、インディバの深部加温は、まさにそれを体現できる最高の美容機器とも言えるかもしれません。

実際に体験してみていただくと分かると思いますが、インディバの温かさはなんだかとても不思議です。
機械を使っているはずなのに、機械的な冷たさはなく、むしろ人間らしい温かみを感じられます。

もちろん、実際温かい…という理由はありますが、そうではなく心が「ホッ」と安らげる温かさがあるのです。
(お客様によっては、機械をあてらていることに気づかず、ずっと施術者の手をあてていた…と思っていらっしゃった方もいるくらいです…!)
インディバをあてられると眠くなってしまう方が多いのも、そこに理由があるのかもしれません。
いくら深部加温が体に良くても、不快な温かさではリラックスできませんよね。
心身ともにリラックスできるからこそ、インディバは20年以上日本で愛され続けているのかもしれません。

ページ上部へ戻る