ブログ

呼吸法の効果は?|加藤敏郎先生の教室に通ってはや半年。

Exif_JPEG_PICTURE

皆さんこんにちは!

千代田区麴町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの黒木です^^

今日から8月…!いよいよ本格的な夏到来ですね。夏といえば、花火、プール、海、お祭り…などなど、いろんな楽しいイベントが沢山ある季節。

私はとても好きな季節なのですが、それでも毎日続く蒸し暑さ&強い日差しには辟易としてしまう今日このごろ…。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて今日は久しぶりに、呼吸法について書きたいと思っています。(TOP画像は加藤先生のHP写真をお借りしました!)

というのも…呼吸法をはじめてもうすぐ半年。最初は何気なくはじめた呼吸法も、今では私にとって、なくてはならない存在になっています。

なぜそう思うかというと、呼吸法をサボっている時と(笑)しっかりやっている時とでは、心の状態がまったく違うからです。

別に加藤先生の回し者でもなんでもないので、これは私個人の単なる実感として受け取っていただければ幸いですが

お腹や丹田を意識して、気持ちよく息を吐くことを続ける。ただこれだけで、なぜ心や体がスッキリするのか本当に不思議です。

 

さらに言うと、家で一人で呼吸法を行うよりも、加藤先生の声を聴きながら呼吸法を行うほうが効果抜群で、深く心が落ち着いてお腹や丹田に意識も集中しやすいのです。

加藤先生の声には独特の力があるようで、その優しく温かい声に心の底から癒されるからなのかもしれません。

先日も仕事帰りに呼吸の教室に行ってきましたが、目を閉じて加藤先生の声を聴きながら呼吸をするだけで、自然と涙がでてきてしまいました。

自分でもその理由は分からないのですが、そのあとのスッキリ感と恍惚感と言ったら…!!!本当に、周りの景色が一変して輝いて見えるほど。

 

私が呼吸法を好きな理由は、呼吸を通じて加藤先生から何かを得るとか、人生の教訓などを教われるから…というのも勿論あると思いますが、一番の理由は呼吸に意識を向ける静寂の中で、自分をひたすら見つめて「気づき」を得られるからだと思っています。

この「気づき」は、自分の内側から自然と出てくるもので、誰かから強制されたものでもないし、正解や不正感もないものです。

そして、ただただ本来の自分に戻っていく感覚が得られるのも呼吸法の気持ちよさです。

 

私が懇意にしているヨガの先生や整体師さんなど、体のことを極めているその道のプロからも「呼吸」を意識して自分を整えることが大切…と何度も聞くので、やはり呼吸は大切なんだな…と日々実感しています。

 

ただし、呼吸法を続けるうえで自分なりに気を付けたいのは

効果を期待しすぎない

というところ。

散々呼吸法の良いところをあげておいて、何なんだ?!と思われるかもしれませんね^^;

でもこれが長く続ける為の秘訣なのかも…?と今は思っています。

呼吸法を続けると、心が落ち着いたり、色んな気づきを得たり…とにかく良い効果を実感することが多いのですが、あくまでもそれはオマケの気持ちで「ただ気持ちのいい呼吸をする」ことを意識して続けていきたいです。

なんでそんなことを思うかというと、私自身がすぐに効果が出ないと飽きやすい性格だからです…(笑)

加藤先生も、10年以上も呼吸法を続けてきて今の状態になってるわけで、あまり早急な効果を期待し過ぎると燃え尽きるのも早そうな予感がします。

 

呼吸法に興味を持たれた方は、加藤先生の教室に限らず、それ以外にも色んな先生が独自の呼吸法を教えていらっしゃるようなので、一番ピンと来た先生に教わってみるのもいいかもしれません^^

本なども色々出ているので手始めにご自身で、心地よいと感じられる呼吸法をはじめてみるのもアリだと思います。

 

最後に、スターバックスの健保広報誌にインタビューされた加藤先生の記事を見つけたのでURLを記載しておきますね(#^.^#)

この記事、加藤先生が普段呼吸の教室でお話してくださることが分かりやすく書かれているので、呼吸法に興味を持たれた方はご覧になってみると面白いと思います!

私も何度も読み返しては、呼吸法の大切さを再認識しています。

 

◆スターバックスコーヒージャパン健康保険組合 Web広報誌[マイウェルネス]掲載

『簡単なことだよ、息を吐くとうまくいく。』

(クリックすると外部サイト[マイウェルネス]に移動します)

アンリュミエール 黒木 恵美


★そのほかの「呼吸法」に関する記事はこちら★

加藤俊朗先生の「呼吸法」をはじめて3カ月、体に起こった変化とは!?
加藤俊朗先生の「呼吸の教室」に通い始めました。

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る