キャロルプリーストが”特別”なオーガニックコスメである理由。

こんにちは。千代田区麹町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。

オーガニックコスメ「キャロルプリースト」が、ニュージーランドから日本に上陸して今年(2018年現在)で10年になります。
当店では日本発売と同時に、店舗での販売をスタートし、サロンのボディやフェイシャルのトリートメントでもキャロルプリースト製品を使い続けています。

私は美容業界に入って約14年間で、これまでさまざまな化粧品を使用したり、販売をしてきましたが、キャロルプリーストほどお客様に長く信頼され、愛されている化粧品はないなと感じています。

特に、保湿クリームのモイスチャーシールドクリーム(アボカド)や、化粧水のモイスチャリングトナー(ローズ)は2トップの人気製品ですが、最近はクリアリングクレンジングクリーム(ラベンダー&マヌカ)も欠品して、入荷待ちのお客様がいらっしゃるほどの人気です。

新しいお客様がどんどん増えているというよりも、リピートして同じ製品を長年使い続けている人が本当に多いのです!

キャロルプリーストの製品数は年々減り続けているし、新製品も1度も発売されない、百貨店からも撤退してしまうし・・・一見、やる気のなさそうなブランドです。

そんな美容業界のマーケティングの常識を逆行しているとしか思えないブランドなのに、キャロルプリーストの人気は衰えないどころか、ここ最近またどんどん人気が高まってきています。

なぜこれほどまでにキャロルプリーストはお客様に支持され続けるのか?
他のコスメブランドと何が違うのか?

なぜ、キャロルプリーストが“特別”なオーガニックコスメであるのか、その理由を探ってみたいと思います。


1.純度が高く高品質。皮膚からカラダに入れるものとしてピュアであること。

「キャロルプリースト」はブランド名でもあるキャロル・プリースト氏が、1991年ニュージーランドで、大手製薬会社研究アナリストとしての実績と経験を生かし、

「石油(鉱物油)から作られた化学合成剤が、少しでも入っているものは使いたくない!」
「原材料すべてがピュア、有効成分が高濃度、ごまかしの無いものだけがほしい!」

そんな意識の高い女性のために、「植物の恵みいっぱいの基礎化粧品をつくりたい!!」という熱い思いでつくりあげたオーガニック化粧品のラインです。

クレンジング、化粧水、クリーム、ヘアケアといった全てのアイテムの主な成分は、

・世界品質トップのニュージーランドの水(精製水)
・イタリア、フランスの高品質のエッセンシャルオイル
・ニュージーランドの植物オイル、ハチミツ、ビーワックス

そして食品に使用される天然の保存料となっています。

自然化粧品と謳われていても既存の流通に載る製品は、4%以上の石油系合成保存料が入っている現状ですが、パラベンなどはもちろん、植物由来の保存料フェノキシエタノール、ヒドロキシメチルグリシンやプロピレングリコール(厚生労働省が、皮膚刺激の為その使用を1パーセント以下と定めるアルコール)等でさえ使用しない基準の高さです。

保存料は、すべて天然由来の食品用のみを使用し、しかもその使用量もギリギリのラインまで抑えて製造しています。

そのため、製造してから販売できる期間が通常の化粧品(約3年)に比べて18か月と非常に短かく、ニュージーランドからは空輸され、店舗での保管もワインセラーで行っています。
(船便を利用すると、時間もかかり、温度管理が難しく、品質が劣化しやすくなります。)
また、開封後も6ヶ月(日本では3ヶ月目安のご使用をお勧めします)の使用期限は、自然の生きた成分による正直な処方である証です。

さらに、当店のオンラインショップのお届けも、夏場の暑い時期はクール宅急便を利用しております。
このように製品の温度管理を徹底することことで、キャロルプリーストの生きた天然成分をなるべく新鮮な状態でお客様の元へお届けしております。

 

 


2.使い続けるうちに、肌の変化や肌質の改善を実感できること

ナチュラルコスメやオーガニックコスメは「肌に優しいけど、効き目はイマイチ」と思っている方もいるようですが、キャロルプリースト製品は、そんなことはありません!

天然成分由来のオーガニックコスメは、肌にあらわれているトラブルや不調を、ケミカルコスメのようにすぐに緩和したり改善することはできませんが、長く使うことで、肌本来が持っている機能(ターンオーバーや、保水機能、皮脂のバランスを保つ機能など)をサポートしたり、植物が持つ高い抗酸化作用によるアンチエイジング効果を期待することができます。

今まで石油由来の化粧品を使っていた方がオーガニックコスメに切り替えると、始めのうちは「乾燥」して「物足りない」ように感じることも多いのですが、それは、例えば、石油由来成分の合成ポリマーが肌をつるんと潤っているかのように、ビニルで膜を作ってくれていて、肌が潤っているように感じさせてくれていたものがなくなったからです。

キャロルプリースト製品には、こうした石油由来成分が配合されていないため、初めは物足りないと思うかもしれないのですが、長期的に使用することで、肌本来の機能を取り戻し、肌の調子を根元から底上げしてくれます。

 


3.シンプルで使いやすいこと

~肌本来の機能が整えばスキンケアは最低限でOK!~

キャロルプリーストが“特別な”オーガニックコスメで理由は、シンプルで使いやすいことが挙げられると思います。
毎日、朝晩使うスキンケアが複雑でステップが多いと、どうしても長く使用していくのが難しくなってしまいますよね。

キャロルプリーストのスキンケアはとてもシンプル。
基本は、クレンジングの後、スプレータイプのトナー(化粧水)で肌を整えて、クリームを塗ったら完了です。

クレンジングは1回のみで、クリームの浸透性がとても良いので美容液(セラム)はなくてもOKです。

もちろん、美容液(セラム)を肌の乾燥具合や季節によって加えたり、アイクリームやクリームの種類も昼用・夜用とを使い分けて、より効果を高めることも可能ですが、肌本来の機能が整っていけば、シンプルなスキンケアでも充分です。

ここだけの話ですが、キャロルプリーストのクリームを2,3年使い続ければ、もはやクリームもつける必要のない肌になってしまうという人もいるそうです。


4.調整されていない“自然な”そして“かすかな”香りであること

調整されていない本物の植物成分だからこそ、本能的に良さを実感しやすいのもキャロルプリーストの特徴のひとつです。
“ローズのトナーをずっと使っていたら、今年の夏だけラベンダーに変えたくなった” り、今必要なものを五感で分かるようになるなどの声も。

キャロルプリーストのクレンジングクリームは、使用目的により天然由来成分で構成された香料を配合したもの(クリアリングクレンジングクリーム- ラベンダー)もあります。
クレンジングはオンからオフ、緊張からやわらかなプライベートタイムと切り替わるドアと考え、純粋なエッセンシャルオイルによるアロマテラピー効果、素肌にとって毎日の香りがもたらす精神的リラックスを重要視しています。

そして肌の健康を守り促進するクリームは全くの成分無調整でその濃度を最優先させた処方、例えばモイスチャーシールドクリームはアボカドの香りであり、インテンスフェイシャルローションやナイトクリーム(ローズ)などはダマスクローズよりもマカデミアナッツオイルの香りが届きます。


5.最後に・・・

最後に、キャロルプリースト氏の言葉をご紹介します。

「可能な限り高い品質基準で厳選された天然成分だけを配合した製品は、肌と精神に最高のクオリティを浸透させ、またその原料として循環する自然環境も大切にしていると自負しています。
自然と寄り添いつつ、植物の恩恵を贅沢に味わうことのできるコスメはお肌はもちろん、ホリスティック(部分だけではなく全体)な観点からもこころとからだを底上げしてくれる、『現代を生き抜く』頼れるパートナーになってくれると思います!ぜひぜひ、あふれる植物のパワーを受け取りにいらしてください。」

 

いかがでしたか?
使い続けるうちにキャロルプリースト製品のすばらしさを肌が実感し、そして本能的に手放せなく不思議なオーガニックコスメです。
ぜひ一度、あなた自身の肌でお試しください。


キャロルプリースト製品ラインナップ

キャロルプリースト製品の一覧は↓こちらからご覧いただけます。


キャロルプリーストの人気ベスト3

どのアイテムから使用してよいのか分からないという方は、こちらの人気ベスト3製品からのスタートをおすすめいたします!
クレンジングクリーム→化粧水(トナー)→保湿クリーム(昼夜兼用)の3ステップのシンプルケアで完了です。

 

1位 モイスチャーシールドクリーム(アボカド)

2位 モイスチャリングトナー(ローズ)

3位 クリアリングクレンジングクリーム(ラベンダー&マヌカハニー)

アンリュミエール 保戸塚 優美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です