ブログ

今日からできる、解毒・排出・浄化

shutterstock_277531481

こんにちは!アンリュミエール茶谷です。今回は、さかのぼること一年弱…わたしの、入社後のお話をば少々!


人生初の大毒出し?!

2015年5月まで前の職場で、理容師兼エステティシャンとして慌ただしく過ごしていました。
その後、アンリュミエールを紹介してもらって、見学しに行ったり~実際に技術を受けに行ってみたり~、ドキドキの面接を受けて…!
6月、晴れてアンリュミエールの一員になりました!というのが前回までのお話。

入社して数週間経ったころ・・・もしかすると、ここ何年かの中で一番ショッキングだったかもしれない出来事、
人生初の…大きな毒出し?!がありました。

当時新人だった私は、空いた時間を見つけてはマッサージやインディバの練習!
先輩スタッフさんたちと相モデル(交代で施術をし合うこと)で毎日毎日…
技術を受けることもまた勉強!なんて、ラッキー♪と思いつつ楽しんでいました。

前の仕事で酷使した挙句になんのケアもせず、ガッチガチに固まっていた上半身や、
夜寝る前に飲み食いしていたためにダメージが溜まっていた消化器系。
先輩方に色々していただいているうち、次第に身体がほぐれていって…
ある日突然、激しくお腹を壊しました。

原因不明。わざわざ2つかかった病院でも「ストレスじゃないですか~?」なんて
あてずっぽうに言われて(そんなわけないやい、とツッコミ)、何がなんやら。
常に腹部に痛みや違和感がつきまとい、トイレとベッドの往復…こんなにも辛いこと、今までなかったなあ、と呆けてしまうほどでした。

しかし、これこそが毒出しだったのです。
毎日毎日先輩方の様々な施術を受け、白湯を飲むようになり、塩浴を始め…
今まで溜まりに溜まっていた要らないものが、一気にデトックスされた結果でした。
アンリュミエールのモットーでもある「解毒、排出、浄化」を身を以て体験しました。

何日か本当にしんどい思いをしたあとは、スッキリ!!
すっかり体調も元通り、いや、以前より身体も軽くなったのでしたー。
自覚がなくても、疲れやダメージがたまっていることがある!!ことと、
要らないものをためない生活こそ大事!!ということを実感しました…!

shutterstock_201479324


 あなたのその行動、体に毒を溜めこみます!

入社直後のこの出来事、これまで問題視していなかった悪い習慣を改めて見直す、良い機会となりました。
気付かないうちにボロボロになっていたころの私の生活ぶり。皆様はあてはまること、ないでしょうか?↓

・慢性的な睡眠不足
・寝る寸前までスマホを触ってしまう
・深夜、寝る前に何か食べてしまう
・よく噛まずに飲み込んでしまう、早食い
・冷たい飲み物ばかり飲む
・運動をまったくしない

いくつも当てはまってしまった方は要注意です!それぞれがなぜ問題なのか見ていきましょう。

・慢性的な睡眠不足、・寝る寸前までスマホを触ってしまう

日中の疲れを癒し、翌日心地よく活動するためには、十分な時間の、かつ質の良い睡眠が不可欠です。
また、寝る寸前までスマホやPCなどの液晶を見ていると、脳が興奮状態になり、寝つきが悪くなってしまいます。
「なんだかまだ眠くないし、手持ち無沙汰だな~」なんて思ってスマホをいじりだすと、悪循環に…!
夜はできるだけ早くスマホから離れ、お風呂や読書などを楽しみ、夜更かしし過ぎないうちにベッドに入りましょう。

・深夜、寝る前に何か食べてしまう

まず、胃に消化されていないものがある状態だと、眠っている間にも消化活動が続きます。
すると、寝る前スマホと同じように、脳が興奮状態になり、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。
さらに、翌朝の胃もたれの原因になったり、太りやすくなってしまったり…寝る前に食事をすることによる影響はさまざまです。
1日のうちの最後の食事は、寝る時間の3~4時間前を目安に済ませておきましょう。

また、どうしても小腹がすいて寝付けない!というときは、ホットミルクやスープなどは消化が良く、胃に負担がかかりづらいのでオススメです。逆に、できるだけ避けたいのはお菓子です。消化しづらく、太りやすくなってしまうので要注意です。

・よく噛まずに飲み込んでしまう、早食い

これも胃に大きなダメージを与え、かつ肥満の原因にもなり得る習慣です。
よく噛まないことによってほぼ固形のまま胃に到達し、消化の際に必要な胃酸が通常より多く分泌されます。
また、すぐに飲み込むことで空気も一緒に入ってしまい、げっぷや「逆流性食道炎」という病気のリスクも…!
1口30回を目標によく噛むことと、またゆっくりと食事を楽しめる時間を確保できるようにしましょう。

・冷たい飲み物ばかり飲む

冷蔵庫から出したての、キンキンに冷えたジュースやお酒を飲みたいときもありますよね。
しかし、冷たい飲み物を取りすぎることで、内臓が冷えて働きが落ちたり、血行が悪くなったり、また身体の一部分だけが冷えることで自律神経の乱れにもつながります。
常温以上のものを飲むようにしたり、冷たい飲み物でも氷は入れないで飲むなどの工夫をしましょう。

・運動をまったくしない

交通機関が発達している現代では、意識的に体を動かすようにしないと、どうしても運動不足になりがちです。
運動をしないことによって、体力・筋力の低下や、肥満、便秘などの身体的なデメリットだけでなく、精神が不安定になりやすくなったり、集中力が続きづらくなることも。
改めてジムに通ったりランニングしたり、なんて時間は作れない!という方は、電車に乗るとき座席に座らないようにしたり、エスカレーターの代わりに階段を使うようにしたりと、日常生活の中でできるだけ身体を動かしましょう。また、朝10分だけ早起きをしてのラジオ体操もおススメです!(実践しています☆)

長くなりましたが、いかがでしたか?少しの意識で、今よりもっと快適に過ごせる方法をいくつかお伝えしました。

ぜひぜひ、取り入れられる部分からお試しくださいね(’▽`)♪茶谷でした!
Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る