ブログ

入浴による3大効果!

foot bath2

こんにちは!茶谷です~(´▽`)

今日は、毎日のお風呂が楽しくなる?入浴についてのブログです!
ゆっくりとあたたかいお風呂に入る時間は至福のひと時ですよね♪「入浴」には大きく分けて3つの効果があると言われています。

『1.温熱効果』お湯に浸かると当然体はあたたまります。

・血流が良くなる→体内の老廃物や疲労物質の除去
・コリがほぐれ疲れが取れる
・内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする
・腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらく
・細胞が活性化し、免疫力アップも期待できる

『2.浮力効果』

水中では物体の重さを空気中の9分の1程度しか感じないそうです。
日々の筋肉や関節の緊張を、浮力の効果で自然と手放すことが出来るのです。
(水中での筋力トレーニングやリハビリでも応用されている効果です☆)

『3.水圧効果』

入浴中はウエストを3~6cmも縮めるほどの水圧がかかっているというデータも(!!)
この水圧により、下から上へ血液が押し上げられ血行が促進されます。

また、横隔膜や肺にも圧がかかり体内の空気量が減るので、自然と呼吸をたくさんする様に。
お湯に入ったとき「ハァ~~~」と大きな吐息をしてしまうのは、この効果のはたらきです!

以上!この3つの効果がうまく連動し、入浴後、リラックスしためぐりのよい身体に整えてくれるのです☆

そして「お湯の温度」も重要ですね。

・熱めのお湯(目安42℃以上)……交感神経を刺激し、心身を活動的にする
→朝や日中のリフレッシュや、やる気を取り戻したいときに良いですね。
夜、寝る直前に熱めのお湯に入ってしまうと、興奮して寝付けないこともあるのでご注意ください!

・ぬるめのお湯(目安39℃以下)……副交感神経を刺激し、心身を落ち着かせる
→就寝前やストレスや緊張で気持ちが落ち着かないときなどにおすすめです。

あとは「入浴の長さ」私も日々研究中です!

長時間の入浴で汗をしっかりかいてリフレッシュするのも好きですが、長い時間の入浴はお肌が乾燥してしまう…という報告もあったり。

また、体温が一度上がるくらいのやや温いお湯に肩までしっかり10分ほど入ることで「血管若返り物質NO(一酸化窒素)」が分泌される
なんて実験がテレビ番組で特集されていたり。

さまざまな効果や方法がある様ですが、その日の気分と生活リズムで。
「無理がなくて気持ち良い!」入浴法を実践するのが一番だと思います!

ライフスタイルにあわせて、心と体がよろこぶ快適な入浴をお楽しみください(´▽`)♪

シャワー派脱出!茶谷でした★
Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る