ブログ

河津桜を見に伊豆へ|伊豆旅行記①

IMG_7945

こんにちは。千代田区麹町のオーガニックエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。
先日、一足早く春を探しに伊豆の河津へ1泊で行ってきました。
実は伊豆に行くのは今年2回目です。1回目は1月末に友人2人+0歳の赤ちゃんと、そして今回(2月末)は夫とふたりで行ってきました。
前々から行く予定はなかったのですが、3日くらい前になって、友人から一緒にどう?というお誘いがあり、急きょ行くことになりました。

1回目は河津桜の開花前で、ホテルでのんびり温泉に入ったり、おいしいごはんを食べたり…というインドアな旅でしたが、海を目の前に望むロケーションに癒されて、すっかり伊豆が気に入ってしまいました。
東京に帰ってから、「もう1度行きたい!」「河津桜も見たい!」という気持ちがこみ上げてきて、なんと3日後には同じホテル(伊豆今井浜東急ホテル)を予約していました!
しかも、「また行きたい!」と思ったのは私だけじゃなかったようで、友人1人からもその1週間後くらいに「また伊豆に行こう!」との連絡が来たのです。しかも今度は2泊で!(すでに私は夫と行く予定を組んでいたので、さすがに断りましたが。)


今年1回目の伊豆旅行の様子

IMG_7879

1月末というのに、ぽかぽか陽気で外のテラス席でお茶をしました。
伊豆東急今井浜ホテルの名物!?パンケーキを注文してみることに…。
塔のようなたっぷ~りの生クリームのまわりに、米粉のパンケーキが5つも!!
生クリームはすごいボリュームでしたが、パンケーキは米粉でできているせいか、ライトな食感でおいしかったです。

kawazu18

ディナーはフレンチのコース。
新鮮な伊豆の海の幸、山の幸がふんだんに使われていて、ヘルシーなコースでした。美味しかったです♡
河津桜の開花前の真冬の閑散期で最安値なのか、本格的なフレンチのコースと豪華な朝食ビュッフェがついて、なんとお値段一人14,000円!お得なプランでした。
女子旅は本当に楽しい!岡山の中学からの同級生3人なので、付き合いは20年以上…なんでも話せるすてきな仲間です。(私は小3~高3まで岡山市に住んでいました。)

izu5

「KIDS WELCOME Service」というお子様同伴の宿泊客にはうれしいさまざまサービスがありました。この一覧には載っていませんが、浴場にはベビーバスもあり、まだおむつが取れない赤ちゃんも一緒に温泉に入ることができました。
「子供がいるから一緒に旅行に行けない・・・」という別の友人にも、こんなサービスがあるから子ども連れでも一緒に行こうよ。と誘ったりしています(笑)
ということで、ホテルだけど、温泉もあり、程よい距離感のサービスが心地良いとても快適なホテルでした。ということで、次は2度目の旅行記に続きます。(ホテルの詳しい紹介も後ほど・・・)


2月は河津桜が満開です♪

そして続いては2回目の伊豆の旅行記です。

IMG_7926

東京から河津へは、踊り子号で乗り換えなしで2時間半ほど。(新幹線で熱海まで行って乗り換えると2時間くらいで行けます。)
うちからアクセスのよい武蔵小杉駅にも停車するスーパービュー踊り子号が1日数本(上下1本ずつ?)あることを発見して、こちらに乗車しました。
乗り換えなしで伊豆まで行けるなんて素敵すぎます。これからも、しょっちゅう行っちゃいそうです。

さて、河津といえば、本州で一番早く開花を迎える「河津桜」で有名な観光スポット。
私たちが行った2月28日~3月1日は、桜まつりが開催中ということもあり、たくさんの花見客で賑わっていました。
驚いたことに外国人ツアー客が多いこと!!富士山とセットでバスで訪れるようです。
今やお花見は春の日本旅行のハイライトですね。

河津桜は、開花時期が2月上旬ととても早く、約1か月を経て3月の上旬に満開になります。
ソメイヨシノのようにぱーっと咲いて、ぱーっと散るというはかなさはありませんが、長期間ゆっくりと鑑賞できるので、遠方から訪れる観光客にとっては旅行計画が立てやすくありがたいですね。

kawazu4

今年は開花が例年よりも1週間ほど早かったそうで、2月末ですでに葉っぱが少し混ざっている状態でした。それでも河川敷に沿って咲く河津桜はお見事です!桜もさることながら、私が驚いたのは河川の透明度です。
水が澄んでいて日本の原風景を見ているようで、とても癒されました。

kawazu3

河津桜は、ソメイヨシノに比べて花びらのピンク色が少し濃いのが特徴です。
桜のピンクと菜の花の黄色のコントラストもきれいですね。


お花見ランチは「くらの坊」

IMG_7964

桜を見ながら河川敷を30分ほど歩いて、近くの飲食店を検索したところ、こちらのお店がよさそうだったので入ってみることにしました。
「くらの坊」という和食屋さんです。近くにあるペットと一緒に泊まれる「ホテル四季の蔵」が運営していて、こちらの店舗もペットOKでした。

izu4

昭和初期の日本家屋をリノベーションした建物で、席数は22席と少な目ですが、店内は広々としてゆとりがありました。

IMG_7953

日本家屋特有の無駄のない、こざっぱりとした感じで、建物は古くてもよく手入れの行き届いた清々しい空間でした。
最近、私たち夫婦の間で流行っている「ミニマリスト」な生活のお手本のようなお店でした。

izu1

ランチメニューは限定50食で、
■和牛の網焼き弁当 2,700円  ■鴨汁蕎麦 2,160円  ■狐蕎麦 1,620円  ■かけ蕎麦 1,620円  ■ざる蕎麦 1,620円
の5種類でした。お蕎麦のメニューには、おにぎり、小鉢がつくそうです。

私たちは、和牛の網焼き弁当を選びました。お味噌汁の中の野菜や、添え野菜の茹で加減にも神経が注がれているのが分かる、丁寧なつくりのランチでした。
牛肉も重なって入っていたので、見た目よりもボリュームがあり、つけだれも地元名産のわさびが特に美味しかったです。
今度はぜひ夜にお邪魔して、和食のコースをいただいてみたいです!

izu3

あたたかい季節には、わんちゃんを連れて(うちにはいないけれど)、お庭でランチというのもいいですね♪
伊豆の旅行記はいかがでしたか?次回は、2度宿泊した「伊豆東急今井浜ホテル」と河津七滝(かわづななだる)という滝を紹介したいと思います!
お楽しみに☆

******************************
旬彩料理 くらの坊
ジャンル:割烹
アクセス:伊豆急行線河津駅 徒歩22分
住所:〒413-0511 静岡県賀茂郡河津町峰436(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 下田・東伊豆×割烹
情報掲載日:2017年3月16日
******************************

→続きのブログはこちらから!

伊豆旅行記②伊豆今井浜東急ホテル~客室&温泉編~

伊豆旅行記③伊豆今井浜東急ホテル~ディナー編~&河津七滝

 

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る