ブログ

お金がなかった時の話|エステサロン独立開業ブログ

お金がない

こんにちは。千代田区麹町のエステサロン、アンリュミエールの保戸塚です。

独立開業10周年を迎えるにあたってはじめたエステ経営ブログのシリーズですが、いよいよあと1週間(10月2日)で10周年を迎えます!
このサロン経営のブログを書き始めてから、多くの反響をいただき、先日は某大手化粧品会社の課長職の方のインタビューまで受けさせていただきました。
起業した人や経営者に話を聞いてレポートを書くというものだそうですが、「本当に私でいいのかな?」という感じでしたが、参考になったと言ってもらったので良かったかな・・・。

私は経営者といっても、社員は今は1人(だいたい2人雇っている時が多かった)しか雇っていないので、きわめて個人事業主に近い状態なのですが、小さな会社であっても、人に雇われているときには想像もしなかった苦労を経験しているという意味では経営者には違いないのかもしれません。

経営者としての苦労というのは、具体的には「お金」がまず挙げられると思います。
先日、ある人に「お金がなかったときの話や心境、励みになったエピソードを聞きたい」とのリクエストをいただいたので、今日はお金がなかったときのことをお話をしたいと思います。


思った以上の出費

開業してから3年間くらいの間は、サロンの知名度も低く、集客もうまく行かずお金は出ていく一方・・・。

サロンを運営するにはこんなにも経費がかかるのか!!

と開業してから始めて知ることも多く、とにかく毎日お金が湯水のように出ていき、なくなっていきます。

サロン運営には、主に、家賃(千代田区で82㎡、路面店、駅2分なのでそれなりに高い)、光熱費(特に電気代は、自宅の5~8倍もしてびっくり!)、借入金の返済、仕入代金、広告宣伝費用などが毎月かかります。

また、開業してから1年くらい経って人を雇った後は、給料、厚生年金保険料(会社が半分負担しています)や労災雇用保険料など、出ていく金額がぐんと上がりました。

税金に関しては、法人税は青色申告の場合は開業時の赤字を最高9年(繰り越し年数は事業開始年度によって異なります)繰り越せるので、支払う必要がなかったのですが、法人都民税などは赤字であっても必ず支払わなければならないので、初めて納付書が届いたときはビビりました!
最低、毎年7万円は払わなければなりません。

また、消費税の納税は、会社設立後2年間は免除されますが、3年目からは年に1回、売り上げによっては年に2回、まとめて支払わなければなりません。
消費税はお客様から預かっているものなので、本当は別の口座でも作ってそこにプールしておけばよいのですが、目の前の出費に追わていると、そうは言ってもなかなかできないものです。

この他にも、もし自分が病気や怪我をしたときに経営者は収入が0になってしまうので、そのための保険に加入したり(経営者は労災や雇用保険には加入できない)、火災保険や家財保険のほかにも「エステ保険」などの特別な保険にも加入したりと、保険料も意外とかかります。

以上のような出費に追われ、開業後しばらくは、想定外の出費にいつもお金が足りるかドキドキしながら、心臓に悪い日々を送っていました。
夜もお金のことを考えだしたら全く眠れず、睡眠不足の日々で、次第に不眠症に・・・。
開業後しばらくは、寿命が確実に10年は縮まったなと思いました。

また、私の場合は一人暮らしをしていたので、サロンにかかる費用以外にも、自宅の家賃や生活費もすべて自分で賄わなければならず、かなりギリギリの苦しい生活だったと思います。

自宅の家賃は、気づいたら1か月半に1回くらい支払うというサイクルに・・・。
決して払えないわけではないけれど、手元の現金が減っていく不安感から、いつの間にかに延滞をしている状況になっていました。

大家さんは高齢の女性で、毎月チェックしていなかったようで、年末になって家族の人がチェックして、私の3ヶ月分くらいの延滞が発覚するという事態になりました(汗)
自分でもそんなに延滞しているとは認識しておらず、指摘された後は深く反省し、すぐに支払いました。

ちなみに、店舗の家賃は10年間一度も延滞したことはありません。


お金がなくても「攻めの姿勢」で進まなければならない!

経営者の金欠状態が、サラリーマン時代の決定的に違うのは、次の給料日まで節約しては待てばなんとかなるというものではないという点です。
サラリーマン時代であれば出費を控えるために、じっとして給料日を待っていれば良かったのですが、経営者にじっとしていることは許されません。
むしろ、売り上げを1円でも多く確保するために、前に進んでいかなければなりません。

その中で、一番頭を悩ますのが、広告宣伝費用です。
経営が苦しい時でも、広告宣伝をしないと、サロンの存在すら知ってもらえない(=集客できない)ので、その費用はなんとか捻出しなければなりません。
今でこそ、長い年数の積み重ねで、あまり費用をかけずにネットや口コミなどで集客できるようになりましたが、開業当初はそれなりの費用をかけて宣伝広告をしない限り全く集客ができなかったのです。

しかし、宣伝広告費というものは、費用をかけたからと言って必ず効果が出るというものではなく、15万円~20万円の広告費用をかけても効果0という媒体もひとつやふたつではありませんでした。
そうは言っても、たとえお金が底ついてきたとしても、サロンの宣伝をあの手この手を使ってやり続けなければなりません。
常に、攻めの姿勢でやり続けない限り、サロンの存続は危ぶまれてしまいます。

エステサロンの集客は、安価な飲食店のように、ふらっと立ち寄ってくれるお客さんはまずいないので、長期戦になるのが一番きついところだと思います。
いつ収穫できるか分からない小さな種を、強い気持ちを持って撒き続けならない忍耐力が不可欠です。


 お金がなくても、決して「お金がない」とは言ってはいけない

開業10周年を迎えた今だからこそ、開業当時のお金がなかった時の話をこうしてブログに書くことができますが、当時はどんなに苦しくても周りの人に「お金がない」とは決して言いませんでした。

特に従業員には絶対に言ってはいけないということを、知り合いの経営者の方に言われました。

というのも、お金がないと経営者が言えば、従業員はがんばって稼いでくれるだろうと期待するのは大間違いで、

大体の人は密かに次の転職先を探し始めるそうです(涙)。

現実的に考えればそれは当然のことです。誰も潰れそうな会社になんて居たくありませんよね。
夫婦でも「金の切れ目が縁の切れ目」と言われるくらいなので、会社ならなおさらですね(笑)

そんなわけで、いくら経営がきつくても、決して「お金がない」は禁句です!!

とはいえ、20代という若さで自分のサロンを持った私に対して、従業員や友人にとっては全てが順風満帆にうまく行っているように見えることもあるようで、誤解を受けることもありました。
「現実は、全然そうじゃないんだ!」「見えないところで経営者は苦しんでいるんだ!」という気持ちも少しはありましたが、それよりも売上を作ることの方が私にとってはもっともっと重要なことだったので、何を思われようが、言われようが、全然そんなことは気にならなかったのです。


はげみになったのは・・・

当サロンのお客様でも経営者の方がたくさんいらっしゃるのですが、その方々のお話を聞いていると、多くの人が

「一度は挫折を経験したり、お金に苦労した時代があった」

と話してくださいます。

個人的な内容なので詳しくは話せませんが、損失額が数千万~数億円!?・・・というものすごい金額ものだったり、中には、だまされて数千万円失った・・・など、信じられないような話を笑い話としてしてくれたのは、私にとって大きな励みになっていたと思います。

また、一番はげみになったのはサロンに来てくれるお客様でした。

新規で来てくださったお客様には、「よくぞ、うちのサロンを見つけてくださいました!!」という気持ちで、「絶対に満足させて、リピートしてもらいたい!」という気持ちは本当に強かったと思います。

オーナーセラピストと雇われセラピストの違いは、技術の差よりも、気持ちの強さや情熱の違いが一番大きいと思います。
オーナーセラピストの方が、リピート率が高くなるのもそのためだと思います。
背負っているものが大きければ(=借金があれば)、なおさら必死になってがんばるのは当然です。

人は追い込まれたときにこそ、本当の力を発揮できるというのも、お金がないときに感じたことのひとつです。

また、お客様がひとりも来ないような暇な日に、リピーターのお客様からの予約の電話は、

神様が君臨してくださった!

と思って拝みたいほどでした。

本当に「お客様は神様」なのか?という論争がありますが、決して全てのお客様は神様ではないと思います。
しかし、自分が苦しいときに来てくださるお客様は、「神様が自分の前に舞い降りて助けてくれた」と自然に思えるので、そういうお客様は本当に神様に思えます。


最終的には、ポジティブに前に進む気持ちが大事

お金がない時に最終的に一番大事なのは、失敗や損をしてもすぐに忘れて、常に前に進むことだと思います。
失敗したときに何よりも一番自分を苦しめるのは、失敗したことを悔やんで、いつまでも自分を責め続けたり、後悔することだと思います。
もちろん、会社は利益が出せないと存続できないので、利益を出すために次の手を考えることは大事です。

独立開業で必ず全ての人が避けて通れないお金の問題・・・
最終的には「絶対になんとかなる、なんとかしてやる!」とポジティブに前に進んでいく強い気持ちが何より大事だと思います。

アンリュミエール 保戸塚 優美

***********************************************

★サロン経営・独立開業支援コンサルティングのご案内★

せっかく始めたサロンもクーポンサイト頼みの集客で、客単価は下がるばかり…。
効率の良い集客方法は??どうしたらリピート率が上がる??
そんな、サロン経営の悩みをお持ちのサロンオーナー様の問題を解決するマンツーマンのコンサルティングを行っています。
あなたも、クーポンサイトに頼らない集客で、リピート率の高い、高級サロンを目指しませんか?

これからサロンを開業したいという方、すでに開業したけれど経営が立ち行かず困っているという方におすすめです。
エステサロン経営歴11年、現役セラピスト保戸塚優美の経営・独立開業支援のコンサルティングを受けてみませんか?

【フリーコンサルティング】 60分 ¥6,500~

詳しくはこちら↓をご覧ください。

consulting

***********************************************

★エステサロン経営・開業10年を振り返るブログの過去の記事★

3年で9割のサロンは潰れる!?あなたはそれでも開業しますか?

エステサロンの独立開業に一番必要なことは?

会社設立10周年のごあいさつ

エステサロン独立開業~準備編~「まず何をする?」

エステサロン独立開業|立地の重要性~腕がよくても失敗する理由~

エステサロン・店舗物件探しのマル秘テクニックを大公開!

開業資金は?エステサロンの独立には一体いくらかかるのか!?

エステサロンの独立開業資金の調達方法

エステサロン独立開業~良かったこと、辛かったこと~

エステサロンの独立開業に技術以外に知っておくべきことは?

エステサロン独立開業~実際に効果のあった集客方法~

私がエステサロンを独立開業した理由

エステサロン独立開業ブログ|気になる?ライバル店のこと

ホテルスパとその他のスパ・エステサロンの違いは?働くならどっち?

創業(事業)計画書の書き方|エステサロン独立開業ブログ

プロ向けのエステ技術講習「教えることは、自分が習うよりも10倍難しい!」

 

Vv2HgHczPBSY2c81481606096_1481606280

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る